YouTubeでの英語学習がはかどるGoogle Chrome拡張機能【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL

Screenshot: 山田洋路 via LLY

海外のYouTube動画なんかの学びの素材が溢れているのに、思ったほど英語が身につかないのは、ツールがなかったせいかもしれません。

拡張機能『Learning Language with YouTube(LLY)』をChromeに追加すれば、英語を学ぶ敷居が低くなります。Netflix版の『Learning Language with Netflix(LLN)』を利用されている方、使い勝手はほぼ同じです。

毎日観ているYouTube動画を活用して英語学習を進めてみましょう。

英語と日本語2種類の字幕を表示

Screenshot: 山田洋路 via LLY

『LLY』を有効にして英語圏の動画を再生すると、英語と日本語、2種類の字幕がつくようになります。

レコメンデーションに日本語の動画しか出てこないという方も大丈夫。検索窓には翻訳ボタンが追加されますので、好みのキーワードを英訳して探せます。

ほかにも右枠に英語字幕が表示されますので、動画中の字幕が一瞬で消えてしまったとしても、前後のセンテンス含めて追えますよ。

単語の意味の確認はマウスカーソルをあてるだけ

Screenshot: 山田洋路 via LLY

知らない単語が出てきたときには、英語字幕にマウスオーバーすると辞書がポップアップ。動画中/右枠どちらの字幕からも単語辞書は確認できて、マウスオーバーの際に一時停止するよう設定できます。

同じように、いったん止めて意味を確認したいときや、今のフレーズをもう一度再生して聞き直したいときには、スペースキーや方向キーを押すだけで操作可能です。

目的に合わせて字幕のオン/オフを切り替え

Screenshot: 山田洋路 via LLY

英語字幕を見つつ、わからないところが出てきたら日本語字幕に頼る…というような使い方が想定されますが、つい日本語字幕を見てしまうのなら設定から非表示に。

リスニングを強化したい方は、英語字幕と日本語字幕、どちらも非表示にできます。聞き取れなかったときには右枠の英語字幕で確認できるので、むしろこれで十分かもしれません。

右枠上のプリントボタンから、英語字幕がまるごと確認できて後からじっくり内容を確認する手もあります。

普段の動画視聴の際は、画面下から拡張機能をオフに切り替えておけばうるさくありません。

『LLY』は、Chrome ウェブストアから無料で追加できます。549円/月でProバージョンでは英単語の登録もできるので、こちらも検討の余地ありでしょう。

あわせて読みたい

1日1000単語まで無料。自分の英語レベルに合わせて英文添削してくれるウェブサービス【今日のライフハックツール】

https://www.lifehacker.jp/2020/06/lht_gramara.html

英単語の暗記を効率化できるiPhoneアプリ【今日のライフハックツール】

https://www.lifehacker.jp/2020/04/lht_smartcards-plus.html

英語学習にも使えるChrome拡張機能。ウェブページの情報を暗記カードに【今日のライフハックツール】

https://www.lifehacker.jp/2020/04/lht_supermind.html

Source: Learning Language with YouTube

山田洋路

powered by