集中したいときに、やる気スイッチを即効で入れる方法8選

ライフハッカー編集部

Shutterstock.com

あなたが集中したくても、身の回りには気をそらす要素はいくらでもあります。

眠気、雑音、友人からのメッセージ…など、例をあげればキリがありません。

それでも仕事は投げ出せない! そんなときどうすればいいのでしょうか?

今日は集中したいとき誘惑に惑わされずに、集中力を高めるためのコツやポイントをご紹介します。

パワーナップ=仮眠を取ろう

パワーナップ(仮眠)は、日中に頭をリフレッシュするのに最適。長めの昼寝で睡眠惰性を起こすこともなく、脳の働きがよくなります。

アインシュタインやエジソンも実践。昔ながらのパワーナップ(仮眠)術

https://www.lifehacker.jp/2017/10/171022-how-to-take-an-old-fashioned-marble-drop-power-nap.html

たった10分で大きく変わる!昼寝の驚くべき効果とは?

https://www.lifehacker.jp/2019/07/193881how-long-to-nap-for-the-biggest-brain-benefits.html

寝る前に、コーヒーを飲むとスッキリ起きれることが科学的にも証明されています。

短時間の昼寝からスッキリ目覚めるには「寝る前のコーヒー」が効く

https://www.lifehacker.jp/2018/09/take-better-naps-by-drinking-coffee-first.html

音楽(音)の力を借りる手もあるよ

まず、音楽はストレスや緊張、不安を減らしてくれます。それだけでも素晴らしい効果ですが、ストレスが減れば必然的に生産性も高まり、仕事がはかどる効果があります。

ライフハッカー記事より

音楽を「集中力アップ」のスイッチにする方法

https://www.lifehacker.jp/2019/07/192865use-a-productivity-song-to-train-your-brain-to-work.html

集中力を高める「ホワイトノイズ」を聞いて仕事の生産性を高めよう

https://www.lifehacker.jp/2019/09/198257increase-your-productivity-by-listening-to-white-noise.html

デバイスを遠ざけた方がいい場合も

検証:集中したいとき、スマホはどこに置いておくのが正解?

https://www.lifehacker.jp/2019/10/200808-where-to-leave-your-smartphone.html

頭の中からスマホの存在を完全にオフにする、これが非常に重要なポイントだと言えそうです。

集中したいときこそ「デジタル・ミニマリスト」になるべし。その理由と実践法

https://www.lifehacker.jp/2019/12/203456digital_minimalist.html

Androidユーザーはこんな新機能も使えます

Androidの新機能が正式リリース! 集中を妨げるアプリを一時停止できる「フォーカスモード」

https://www.lifehacker.jp/2019/12/android-focus-mode-avoid-distractions.html

在宅勤務の方にも集中する方法を紹介します

自宅で仕事していても、だらだらしないで生産的に働くコツ

https://www.lifehacker.jp/2019/11/202653make-working-from-home-more-productive-by-prentending-y.html

長期的に取り組むことで効果のある策も!

やるべきことがあるのにほかのことに気が散りがちで、その衝動をもっと生産的なことに向ける方法はないかと悩んでいるなら、「気が散ったこと日記」をつけるという手があります。

集中力が続かない人がまずやるべきことは?

https://www.lifehacker.jp/2019/12/203249improve-your-focus-with-a-distraction-journal.html

いかがでしたか?

自分にあうスイッチの入れ方を探してみてください。

Image : Shutterstock.com