iOS 11の「写真やビデオの互換性問題」は、設定変更で対応できる

  • カテゴリー:
  • TOOL

Image: <a href="https://www.flickr.com/photos/thebetterday4u/38478827882/in/photolist-21Cf3WW-21A23pA-21A233d-21A22Qu-21A22Eu-21A22vG-21A22k1-GJndLM-GJndwi-Dx7ErU-GJndhR-21A21ff-Dx7EfG-21A1ZFE-Dx7DPS-GJncw2-21A1ZsU-GJncp8-21A1YYh-GJnceZ-21A1YDj-GJnc5k-21A1Yay-21A1XVq-GJnbH8-21A1XBQ-21A1XrE-ZzJ9Ju-GJnbmM-GJnbbr-ZzuiZm-DwSTAh-ZzuiCE-DwSTdd-GJ8qjV-DwST1E-ZzuhNJ-DwSSRb-DwSSuQ-DwSSts-DwSRZ1-ZzugS5-DwSRz3-Zzug5y-21zMFb9-21EHeY8-21zMELb-21EHeFK-21zMEwd-21zME8h" target="_blank">Aaron Yoo/Flickr</a>

iOS:最近、iPhoneで撮った写真やビデオを別の端末で扱おうとしたら、互換性の問題でファイルが開けなかった、あるいはアップロードや編集ができなかった――そんな体験をした人もいるのではないでしょうか。こうしたことが起こるのは、ストレージ容量を節約するとの触れ込みで、アップルが「iOS 11」で新しく導入した「HEIF」(写真)および「HEVC」(ビデオ)フォーマットのせいです。

この2つのフォーマットは、いままで使われてきたJPEGやH.264に比べてストレージを食わないというメリットがありますが、そもそもファイルを開けないのならサイズがいくら小さくても意味はないですよね? この記事では、新規格に対応するメーカーがもっと増えるまでは、使い慣れていて確実なフォーマットで保存したいというみなさんに、以前の規格に戻す方法をお教えしましょう。

PCでGoogleドライブに保存されているこの画像を編集したいのですが、やっかいなHEIF / HEICフォーマットが邪魔をします。

Image: Lifehacker US

カメラのファイルフォーマット設定を変更する

iOSの[設定]を開き、スクロールダウンして[カメラ]をタップします。この項目では、写真とビデオの撮影・録画フォーマット、ビデオ撮影の解像度、フレームレートなど変更できます。

ここから[フォーマット]を選び、「互換性優先」をタップしてください。これで、今後撮る写真やビデオは、新規格のHEIF/HEVCではなく従来の規格で撮影できます。この設定なら、写真はJPEGで、ビデオはH.264フォーマットになりますが、60fpsの4K動画、あるいは240fpsの1080p動画は、自動的に新規格で記録されます。写真はどこでも制約もなく編集できますし、別に画像変換用のアプリを買う必要もありません。

ビデオ撮影の解像度を落として容量を節約

既存のファイルフォーマットを使うと、ファイルサイズは大きくなってしまいます。なので、ストレージ容量を節約したいなら、撮影時の解像度を落とすという方法があります。[カメラ]から[ビデオ撮影]に進み、録画の際に使う解像度やfpsを選んでください。フレームレートを(例えば24fpsに)落とすと、ファイルサイズが小さくなり、映画フィルムのような映像になります。逆にフレームレートを上げると、ディテールまできめ細やかで、よりスムーズな動きの動画が録画できます。

4K動画は非常に多くの容量を食うので、撮影の状況や、デバイスのストレージ残量を考慮して、時には解像度を落とすことを考えてみるのもいいでしょう。

Image: Aaron Yoo/Flickr

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文

(訳:長谷 睦/ガリレオ)