連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Facebook改めMetaが描くメタバースとは? 「働き方」はこう変わる

author 酒井麻里子
Facebook改めMetaが描くメタバースとは? 「働き方」はこう変わる
Image:Meta

Facebookが「Meta」と名前を変え、仮想空間「メタバース」関連事業への注力を表明したことが注目を集めています。

メタバースは今後の私たちの生活にどんな影響を与えていくのでしょうか?

「働き方」の視点から考えました。

メタバースってどうなの?

スクリーンショット2021-11-017.59.53
Image:Meta

社名変更が発表された開発者向けカンファレンス「Connect2021」の基調講演では、同社が構想するメタバースのイメージ映像が公開されました。

そのなかでは、友人同士がアバター姿でコンサートやスポーツを楽しむ姿や、仮想会議室に集まった人たちが会議をする様子が描かれています。

仮想空間で交流するという概念自体は、ゲームの世界ではとくに真新しいものではありません。

また、最近はVR空間内で開催されるコンサートなどのイベントも増えているので、人によっては「今更感」を抱くかもしれません。

しかし、Metaが描いているのは、これまでのような特定の用途に限定した使い方ではなく、仕事を含めたコミュニケーション全般をメタバースに持ち込んだ世界。これはSNSからスタートした企業ならではの発想ともいえるかもしれません。

同社の構想が現実のものになれば、仮想空間の存在がグッと身近になり、「ゲームをしないから自分には無関係」とは言っていられなくなる可能性もありそうです。

会議利用のネックは「ヘッドセット問題」

Metaはすでに、VRの会議ツール「Horizon Workrooms」のベータ版を提供しています。

参加者は自分に似せて作ったアバターでVR空間の会議室に集まり、会話をしたりPCの画面を共有したり、ホワイトボード機能を使ってディスカッションしたりすることが可能です。

スクリーンショット2021-11-0921.50.39
Image:Meta

アバターは実際の口や手の動きが連動し、お互いの位置関係が声の聞こえ方に反映される空間オーディオを使った技術も採用されています。

最大の難点は、VRヘッドセット「Oculus Quest2」が必要となることでしょう。スマホのように誰もが持っているデバイスではないので、実際のビジネスシーンでの導入はまだちょっとハードルが高いのが現実です。

ちなみにMicrosoftも、仮想空間内で交流できる機能をMicrosoft Teamsに導入すると発表しています。こちらはPCからも利用可能とのことなので、手軽さが強みになりそうです。ビジネスシーンでのメタバースは、このようなヘッドセットのいらないタイプが先行するかもしれませんね。

「リアル」と「Web会議」の間に位置する選択肢になるかも

スクリーンショット2021-11-0922.42.45
Image:Meta

メタバースの普及について、2000年代後半に流行したセカンドライフがすぐに廃れてしまったことを引き合いに「流行らない」とする意見もあるようですが、当時と今ではオンラインのコミュニケーションを取り巻く環境はかなり違います。

通信環境が大きく向上していることに加え、この2年弱のコロナ禍の生活で、リアルで会わずにコミュニケーションを完結させることへの抵抗も薄くなりました。

ただし、コロナ禍で多くのビジネスパーソンが「画面越しでもたいていの仕事は事足りる」ことを実感した一方で、ちょっとした質問や雑談がしづらいなどの弊害も生まれています。

アフターコロナ時代には、オンラインの手軽さや効率のよさと、リアルならではのコミュニケーションの濃さのどちらを取るかが課題になるかもしれません。そしてメタバースは、その両者の中間に位置する「第三の選択肢」となる可能性を秘めていそうです。

今すぐに、一瞬でメタバースの利用が広がるようなことはないでしょう。

しかし、今後、安価で使い勝手のよいツールやデバイスが登場するなどしてメタバースにアクセスしやすい環境が整えば、職場で会議やセミナーを開催する手段の選択肢が、「リアル」「Web会議」「メタバース」の三択になる未来が訪れるかもしれません。


Source: Connect2021

swiper-button-prev
swiper-button-next