連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

フィット感がいいね。二段構造で首周りをしっかりサポートしてくれる枕を使ってみた

machi-ya

author Haruki Matsumoto
  • カテゴリー:
  • TOOL
フィット感がいいね。二段構造で首周りをしっかりサポートしてくれる枕を使ってみた
Photo: junior

理想の枕に出会うのって難しいですよね……。

なんとなく合っているかなと思う枕でも時には首や肩に違和感を覚えることもありますよね? 万人が満足する製品を作るのは不可能に近いので、さまざまな情報を加味して良い機能を持った製品を試していくほかありません。

ということで今回は、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の枕「Dr. good night」をご紹介。

2段構造が良い睡眠姿勢サポートをしてくれるのがポイントとのことでしたので、サンプルをお借りして使ってみました。

少しでも枕選びの参考になればと思いますので是非チェックしてみてください。

こだわりの形状と素材

02
Photo: junior

改めて「Dr. good night」は睡眠姿勢のサポートに主眼を置いた枕となっており、首を収める中央部が特徴的な曲線になっていますね。

DSCF1530
Photo: junior

仕様によると高さは13cmで真横から見てみるとかなりボリュームがありますね。

この厚みの秘密は上下二段構造で2種類の中材が使っているからだそうです。

05
Photo: junior

上段の素材は、柔らかさと弾力性を兼ね備えたエアシンクファイバーを採用。

直接素材に触れることができましたが、軽い触り心地と空気を含んだクッション感が気持ち良かったですね。

ちなみにボリュームが多すぎると感じた場合はここから中材を取り出して高さ調節もできる仕様でした。

DSCF1532
Photo: junior

一方の下段は特殊形状の低反発マットが使われています。

首を預ける部分と頭が沈む部分が立体的になっており、首周りのフィット感はありそうですね。

07
Photo: junior

素材の反発性能は動画のとおり。筆者の感想としては柔らかすぎず硬すぎずのちょうどいい塩梅でした。

合理的なデザインということもあり、機能性枕のファーストインプレッションとしては期待ができる仕上がりかと思います。

ピッタリはまる感じが気持ちいい

DSCF1519
Photo: junior

早速使ってみましたが異なる素材の2段構成はしっかり機能していますね。

柔らかを体感できる上段素材だけだと沈みすぎそうな印象ですが、下段の低反発素材によって支えられているのを感じる寝心地でした。

1
Photo: junior

沈み込みの様子は動画でもご覧ください。

また下段の特殊形状のおかげで単純に硬い層を感じるのではなく、首と肩周りを全体的にサポートされているのが気持ち良いと感じましたよ。

detail_18675_16243240108579
Image: Clarte0727

支えている様子はメーカーのCGが分かりやすいかもしれません。

首と枕に隙間があると余計な負荷が掛かり、結果として肩こりや体の不調につながるそう。

その点「Dr. good night」の場合は肩から首にかけてのカーブに自然に沿うので身体への負担も少ないということした。

DSCF1518
Photo: junior

横向きに寝ると肩幅によって高さが変わりますが、この体勢でも首や肩へのサポート感は高かったですよ。

ボリュームがある枕ですが筆者的には寝返りもしやすいと感じました。

カバーは気持ちいいけどお手入れは少し注意を

DSCF1539
Photo: junior

「Dr. good night」を包むカバーはコットン素材ですが肌触りアップのために縫製にはこだわられているそう。

そのため、手洗いもしくは洗濯機利用の際は単独かつドライコース(機種によってはウールコース等)が推奨となっていたのでご注意ください。


2段構造でしっかりと首回りを支えてくれる高機能枕「Dr. good night」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では一般販売予定価格から28%OFFの9,504円(税・送料込み)からオーダー可能でした。

枕のフィット感は試してみないと分かりませんが筆者的には良い寝心地でしたので、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Photo: junior

Image: Clarte0727

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next