連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ノート作りをスマート化。手書きを瞬時にアプリ連携できるデジタルペンの先行販売が終了間近

machi-ya

author Haruki Matsumoto
  • カテゴリー:
  • TOOL
ノート作りをスマート化。手書きを瞬時にアプリ連携できるデジタルペンの先行販売が終了間近
Image: Bright DIY

紙に書くけどデータ管理はアプリで。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「DigiPen」は手書きした内容を簡単にデータ化できるデジタル文具

専用ペンと専用ノートの組み合わせで手書きそのままのデータ保存はもちろん、テキストデータへの変換も可能だそう。

手書きとデータ管理の両立をしたい方は必見かもですので、先行販売が終了する前に改めて詳細をチェックしておきましょう!

ノートを簡単デジタル保存

Transcribe
Image: Bright DIY

改めて「DigiPen」は、手書きのノートをデジタル管理できるガジェット文具。

専用ペンとノートは必要とのことですが、書いた内容を瞬時にデジタル保存やテキストデータへの変換が可能。

In-app_Note_editing_crop

同期した手書きメモはアプリ上で簡単に編集も可能だそう。

テキストのハイライトやカラーの選択、背景線のパターン変更など自由度高くカスタムして使えるようですよ。

playback_gif_optimize
Image: Bright DIY

また書いた順序を記憶、再生してくれるアニメ機能などもあるためSNSへ作品を投稿するのも楽しめそう。

OCR
Image: Bright DIY

手書き文字のテキストデータ化だけなく、OCR機能で画像内文字も簡単に認識できる模様。

頻繁に資料整理をする方や参考書などを使って勉強する時などに助かりそうです。

シンプルだけどハイテクペン

1630637838215
Image: Bright DIY

「DigiPen」の先にはカメラが内蔵してあり、筆記の際にはここが手書き文字を読み取るそう。

360Camera
Image: Bright DIY

360度対応なためペンの向きは気にする必要がないのはいいですね。

auto_on
Image: Bright DIY

スイッチは無くキャップを外せば自動オン。1時間の充電で8時間稼働するなどスタミナも十分な印象。

1630649999741
Image: Bright DIY

記載内容は一旦ペン本体に保存されるためオフライン状態でも使えるとのこと。

記録容量は約800ページ分とのことで1週間くらいはアプリと同期しなくても大丈夫かもしれませんが、データ消失が不安な方はこまめに連携するのが良さそうですね。

好みに合わせて選べるノートタイプ

digipen-02
Image: Bright DIYImage: Bright DIY

「DigiPen」には専用ノートが必要になりますが、今回のキャンペーンでは縦長サイズのB-Noteバインダー式のB-Note Proの2種類がラインナップされていました。

個人的にはミニマルなB-Noteが好みですが、B-note Proのリフィル交換式も捨てがたいところ。皆さんも利用状況に合わせて選んでみてください。


手書きメモを簡単にデバイス管理ができる「DigiPen」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では一般販売予定価格から7,020円OFFの12,980円(税・送料込)からオーダー可能でした。

気になる方は受付終了時間に注意してチェックしてみてください!

Image: Bright DIY

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next