連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS 15でアラームのキーパッド入力を復活させる方法

author MakeUseOf/訳:伊藤貴之
  • カテゴリー:
  • TOOL
iOS 15でアラームのキーパッド入力を復活させる方法
Image: Shutterstock

iOSのアラームアプリをよく使う人なら、AppleがiOS 14で時刻の設定方法を突然テンキー入力に変えて、みんなを驚かしたのを覚えていることでしょう。

アラーム時刻の設定が楽になったと感じたユーザーも多かった一方、旧来のドラムロールでの時刻設定を好むユーザーもいました。

iOS 15で、Appleはまたドラムロールに戻しましたが、テンキー入力を好む人のために少し工夫をこらしましたよ。

新しくなったiOS 15のアラームコントロール

iOS 14のテンキー入力に関するフィードバックを受けて、AppleはiOS 15で、大きなドラムロールを復活させることにしました。

このドラム式のコントロールは、iOS 13以前に見られたものと似ています。iOS 15では、この方式のコントロールがシステム全体の標準となっていますよ。

とはいえ、テンキー入力に慣れ、気にいっていたユーザーも多いはず。テンキーのほうが入力時のエラーが少ないからです

例えば、アラームに正確な時刻を設定したい場合、テンキーを使えば素早く入力することができます。

ドラムロール式でも正確な時間設定は可能ですが、わずかな指の滑りで設定したはずの時刻が、4時から5時や4時59分になってしまうことがあり、気づかないままだと悲惨な目にあってしましますよね

幸いなことに、AppleはiOS 15で、この2つのアラーム設定方式をどちらも搭載することにしました。

少しわかりずらいですが、アラームの設定でドラムロールをタップすることで、テンキーでも入力できるようになります。

テンキーを使ってアラーム時刻を設定する方法

ドラムロールではなくテンキーでアラームの時刻を設定する方法は以下:

  1. iPhoneの[時計]を開き、[アラーム]をタップする。
  2. 既存のアラーム時刻を変更するか、[プラスボタン(+)]を押して新しいアラーム時刻を設定する。
  3. ドラムロールの[時]または[分]をタップする。
  4. テンキーが表示されるので、アラームの時間を入力する。必要に応じてAM / PMを設定する。
  5. 入力が完了したら、[保存]をタップしてアラームを設定する。
20211031-ararm01
20211031-ararm02

キーパッドの[削除]ボタンを使って、時間を入力する際の間違いを修正することもできます。

ドラムロールとテンキーの選択が可能に

ご覧の通り、iPhone/iPadでのアラームの設定はとても簡単です。

ドラムロールとテンキーのどちらを使っても、アラーム時刻を正確に設定することができます。

デフォルトの着信音では目覚めが悪いと感じる場合は、自分の好きな着信音を設定することも可能です


Original Article: How to Bring Back the Keypad Entry in the Alarm Clock in iOS 15 by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next