連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

1,000円ポッキリ!?パール金属のコスパ最高な500ml真空ステンレスボトル

GIZMODO

author 田中宏和
  • カテゴリー:
  • TOOL
1,000円ポッキリ!?パール金属のコスパ最高な500ml真空ステンレスボトル
Photo: 田中宏和

ギズモード・ジャパンより転載

コスパ良すぎです!

パール金属の「マグボトル 500ml HB-4785」は、かなりのコスパを誇る真空ステンレス保温保冷ボトル。

この金額で買える有名メーカーの500ml真空ステンレス保温保冷ボトルは、なかなか見当たらないはず。

お探しの方は、とりあえず要チェックですよ。

保温性能に問題なし

真空ステンレスボトル2
Photo: 田中宏和

とはいえ、安くても保温性能に問題があったら意味がありませんよね。

気になる実用能力を実際に試してみたところ、朝出かける前(7時30分頃)に入れた熱湯は、お昼どきになってもまだ熱々

さすがに夕方になると温度が下がってきますけど、それでもまだ温かいと感じるレベル。

大手メーカー製と比べて特に性能が劣るということはありませんでしたね。

ロック付きのワンタッチ開栓ボトル

真空ステンレスボトル3
Photo: 田中宏和

ボタンを押せばワンタッチでフタが開く仕様ですが、バッグの中などで勝手に開いてしまうことがないように、ロックが付けられています

このあたりも、ただの安物じゃない作り込みが感じられるところ。

ちなみに、熱いものを入れてから時間が経つと、中の圧力が下がってフタを吸着する力が働くので、開くバネの力より負圧の方が強くなることがあります。

このときは、手で力を添えてフタを開くようにしてください。

氷を入れやすい広口ボトル

真空ステンレスボトル4
Photo: 田中宏和

ボトルのキャップを外せば、直径約4.7cmの開口部がある広口タイプになっているので、夏の保冷ボトルとして使うときにも氷が入れやすくなっています

きちんと便利機能も押さえられていますよね。

パッキンを取り外して洗える

真空ステンレスボトル5
Photo: 田中宏和

もちろん、パッキンの分解洗浄にも対応

白色のシリコンゴムなので、コーヒーやお茶の色が着きやすいという問題はあるものの、たまに漂白すれば清潔感を保てるでしょう。

真空ステンレスボトルとして特に問題のない仕上がりになっているし、メーカー名にこだわらないなら、全然これでいいと思いますよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: 田中宏和

Source: Amazon.co.jp

swiper-button-prev
swiper-button-next