連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 11にアップデートする前に行なうべき8つのこと

author MakeUseOf/訳:白井樹(OCiETe)
  • カテゴリー:
  • TOOL
Windows 11にアップデートする前に行なうべき8つのこと

Windows 11には優れた新機能が搭載され、アップデートのたびに新たなスタートを切るチャンスとなっています。

しかし、Microsoftが新しいOSへのアップグレードを容易にしたとはいえ、クリーンなインストールを確実に行なうためには、いくつかのバックグラウンドチェックを行うことが不可欠です。

このガイドでは、Windows 11にアップグレードする前に行なうべき8つのことをご紹介します。

使用中のPCがMicrosoftの要件を満たしていることを確認し、うまくいかなかった場合に備えて完全なバックアップを取っておくことが目的です。

それでは始めましょう。

1. 互換性を確認する

PCでWindows 11が正常に動作可能かを確認することから始めましょう。公式には、Microsoftの新しいOSの最小システム要件は以下の通りです。

CPU1ギガヘルツ(GHz)以上で64ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)
GPUDirectX 12でWDDM 2.0ドライバーと互換性あり
RAM4GB以上
ストレージ64GB以上
ファームウェアUEFI、セキュアブート対応
TPMバージョン1.2または2.0
ディスプレイ対角サイズ9インチ以上でカラーチャネルにつき8ビットのHD (720p)ディスプレイ
インターネットWindows 11 Homeエディションには安定したインターネットが必要

使用中のシステムの仕様は、「設定」→「システム」→「バージョン情報」から確認できます。

ただし、Microsoftの新しい「PC正常性チェックアプリ」(ダウンロードはこちら)を使うと、使用中のPCが互換性を持っているかが明確にわかるのでおすすめです。

インストール後、青色の「今すぐチェック」ボタンをクリックすると、詳細なレポートが得られます。

check-now-pc-health-check-app
Image: MakeUseOf

TPM 2.0」と「UEFIセキュアブート」が無効になっている場合、アプリでは「アップグレードは推奨されません」と表示されます。

そこで、それぞれを個別に有効にする方法を見てみましょう。

2. 「トラステッド・プラットフォーム・モジュール(TPM)」を有効にする

「トラステッド・プラットフォーム・モジュール(TPM)」とは、マザーボードに搭載されているチップで、使用者のセンシティブなセキュリティデータが保存されます

これを有効にするには、まずシステムにこのチップが含まれているかを確認します。「ファイル名を指定して実行」(Windowsキー + R)を開き、tpm.mscと検索します。

TPMが使用できる状態にある場合、「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」と進みます。すると「高度なスタートアップ」の中に「今すぐ再起動」ボタンがあります。

windows-10-recovery
Image: MakeUseOf

2. 次に、青いメニューから「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」→「再起動」→「起動」をクリックし、「TPM 2.0」を有効に変更します。

3. TPMチップが利用できない場合は、マザーボードにチップを搭載する必要があります

注:TPMスイッチを有効にするオプションには異なるラベルが付いている場合があります。これについては、Microsoftに参考になるページがあります。

3. 「セキュアブート」を有効にする

TPMと同様、「セキュアブート」もセキュリティ機能のひとつです。システムが信頼できるOSのみを起動するようにするものです。「セキュアブート」を有効にするには、また以下のように進みます。

1. 「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「高度なスタートアップ」から再起動する。

2. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」→「再起動」→「起動」と進む。

3. 「セキュアブート」の状態を「有効」に変更する。

しかし、BIOSを搭載したデスクトップPCを使用している場合、このセキュリティ機能を有効にした後でシステムが起動しないことがあります。これを防ぐには、MBRをGPTに変換し、BIOSをUEFIに切り替えましょう

4. データをバックアップする

Windows 11のような新しいソフトウェアの初期バージョンには、たいてい大量のバグやエラーがあります。

そのため、ワークフローに支障をきたしたり、さらにはデータをすべて失ったりする危険性があります。最善の対策は、データをバックアップすることです。

手軽なクラウドバックアップのオプションを利用するか、外付けハードドライブSSDまたはHDDを利用するかのどちらかが可能です。

Windows 11をセカンダリシステムとしてインストールしている場合でも、バックアップは不可欠だということを覚えておきましょう。

5. ストレージを最適化する

もう1つ重要なことは、新しいWindowsのための容量を確保することです。Microsoftは、Windows 11に64GB以上の空き容量を確保することを要件としています。

ここでは、以下のいずれかの方法を試して、ドライブの空き容量を確保してみましょう。

「ディスククリーンアップ」を使用する

ディスククリーンアップ」は、散らかったディスクドライブを素早く修復するために内蔵されている機能です。

このメンテナンスユーティリティを使用して、新しいOSをホストするプライマリパーティション上の一時ファイルや不要なファイルを削除することができます。

1. 「ディスククリーンアップ」を立ち上げるには、「スタートメニュー」で「一時ファイル」と入力する。

delete-temporary-files-windows-10
Image: MakeUseOf

2. 右側の「一時ファイル」をクリックする。

open-temporary-files-windows-10
Image: MakeUseOf

3. すべてのオプションにチェックを入れて「ファイルの削除」をクリックすると、クリーンアップが完了する。

ただし、「ダウンロード」フォルダを誤って削除してしまわないように注意しましょう。

「ダウンロード」フォルダが「一時ファイル」のオプションの中に表示されることがあります。

Windows-Temporary-Files
Image: MakeUseOf

「ディスク クリーンアップ」でほぼ削除は完了しますが、Windowsでジャンクファイルを削除する他の方法をあわせて使うこともできます。

外付けストレージを使用する

容量を確保するのに間違いなく一番の方法は、使用頻度が低い、不要な大容量ファイルを外付けハードドライブに移すことです。

写真のアルバムからソフトウェアのセットアップまで、何でも構いません。

6. Microsoftアカウントを覚えておく

Windows 11のアップデートでは、Microsoftアカウントへのログインが必要となります。

データをそのアカウントと同期させている場合(SkypeやEmailなど)、アカウントのログイン情報を確実に把握しておきましょう

複数のアカウントがすべてメインのMicrosoftアカウントと同期されていると、その複数のアカウントへアクセスできなくなる可能性があります。

ログインの詳細を適時メモ(必要に応じて再設定)することで、連絡先やカレンダーを維持し、ひいてはワークフローに支障をきたさないようにすることができます。

7. 安定したインターネット接続を用意する

多くの場合にWindows 11のOSアップデートが失敗する主な理由は、不安定なインターネット接続です。

Windows 11は、Microsoftのサーバーから行なわれるソフトウェアアップデートです。そのため、インストール中は常にウェブに接続していなければなりません

モバイルデータのホットスポット、公衆無線LANや不安定なプライベート接続を使用すると、失敗に繋がる可能性があります。

ホットスポットや公衆回線の接続は避け、少なくとも30分から1時間かかるWindows 11のインストールをサポートできるだけの安定した無線LANを確保しましょう。

8. 充電器につなぐ

ノートPCの場合は、バッテリー切れを防ぐため、電源ケーブルをつないでおくようにしましょう。同様に、デスクトップPCでアップデートしている場合は、電源供給が遮断されないようにしましょう。

誤って電源が切れると、データが失われたりインストールの進行がリセットされたりする可能性があります。

おまけ:「確実な備え」のための2ステップ

うまくいかなかった場合に備えて、アップデートを行なう前にワークフローがスムーズなこと、そしてシステムのバックアップを確認しておくことを強くおすすめします。

1. アプリを確認する

使用している仕事用のツールやアプリが、Windows 11でも利用できることを確認するのが賢明でしょう。

普段使っている特定のアプリが、Microsoftの新しいOSではまだ利用できない可能性もあります。

2. リカバリードライブを作成する

外付けハードディスクにシステムリカバリーを作成するということは、Windowsをそのままコピーするということです。

アップデート後に何かうまくいかないことがあっても、リカバリードライブがあればアップデート前の状態に戻すことができます

これでアップデートの準備は完了!

以上の作業を終えれば、Windows 11へのアップデートの準備は万端です。

ストレージの最適化とデータのバックアップが、アップデートの準備において最も重要なステップです。これらの手順を踏むことで、ワークフローとユーザビリティが確実に滞りなく維持されます。

使用中のPCにTPMが搭載されていなかったり、「PC正常性チェック」のアプリで何らかの理由で互換性がないと表示されたりした場合も、ご安心を。

Microsoftは、2025年までWindows 10のアップデートとサポートを行なうと発表しているので、アップグレードする時間はまだ十分にあります。

Source: Microsoft(1, 2)

Original Article: 9 Things to Do Before Updating to Windows 11 by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next