連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

段差やオフロードもガンガン走れる折りたたみ電動アシスト付き自転車

machi-ya

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
段差やオフロードもガンガン走れる折りたたみ電動アシスト付き自転車
Image: PHOENIX INC

2021年11月12日の記事を再編集のうえ、再掲しています。

近年、アウトドア人気の影響で、ファットバイクに注目が集まっています。ファットバイクとは極太のタイヤで砂利道や凸凹のオフロードをガンガン走れる自転車。ただ、結構ごついので普段街中で乗るにはちょっと目立つことも。

現在、machi-yaでプロジェクトを展開する「XPLORER(エクスプローラー)」は、ファットバイクを街乗りに通用する仕様に最適化しています。折り畳めて乗り心地快適な電動アシスト自転車の特長を見てきましょう。

段差もへっちゃらのパワフルさ

パンチの効いたフォルムを備えた「XPLORER」。この味は、ほかの種類の自転車には出せません。

早く走るための自転車ではありませんが、パワフルな走行なら得意です。太いタイヤは抵抗を生んで効率よく走れないものですが、電動アシストを備えた「XPLORER」なら例外的。

20211115-xplorer03
Image: PHOENIX INC

幅4inch(約10cm)のタイヤが、オフロードでも街でも走りに安定感を提供してくれます。ぜひ試していただきたいのが段差を乗り越ての走行。厚みのあるタイヤのクッションに加え、前後のサスペンションが衝撃を吸収してくれますので、これまで自転車から降りて歩いていた段差やデコボコ道もバリアフリーに進めそうです。

detail_20020_16306499727746
Image: PHOENIX INC

女性や脚力に自信のない方でも、ファットバイクに乗る楽しみを味わえます。

折り畳めるのでレジャー用の自転車として重宝

20211115-xplorer04
Image: PHOENIX INC

折り畳めて保管の邪魔にならないので、サブ自転車としての活用もあり。アウトドアやストレス解消のためのサイクリングには「XPLORER」の出番です。折り畳みは2段階で簡単。セッティングにも時間がかかりません。オフロードをファットバイクで走りたいと思い立ったときに車に「XPLORER」を積んで出かける生活、ワイルドですよね。

120kmの電動アシストで長距離サイクリングも安心

20211115-xplorer06
Image: PHOENIX INC

電動アシスト自転車のバッテリー切れを心配していた一昔前と違って、今はバッテリー性能が目覚ましく向上しているよう。「XPLORER」に関しては、搭載の大容量バッテリー(48V/15Ah)が航続距離最大120kmにわたってアシストしてくれます。すなわち、通勤はもちろん長距離サイクリングでも、安心してパワフルな電動アシストの恩恵を授かれるはず。大容量を活かしてスマホに給電することも可能となっています。

20211115-xplorer07
Image: PHOENIX INC

さらには、ステム部分に備わった大型ディスプレイを見ればバッテリー残量が一目瞭然なので、充電タイミングに不安はありません。なお、このディスプレイでは現在のアシストモードや走行速度、距離なども確認できるようになっています。

安心のメカニカルディスクブレーキ搭載

20211115-xplorer05
Image: PHOENIX INC

7段変速式なので、スピードや地形に合わせて効率よく走行できます。これなら電動アシストに頼りっきりになる事態は防げて、漕ぐ楽しみもしっかりです。また、搭載されたメカニカルディスクブレーキではブレーキパッドが広い面積で働き、急な下り坂でも安全に減速できそう。

オフロードもパワフルに走れ、サブバイクとしても最適な「XPLORER」は、現在machi-yaにてプロジェクトを展開中です。執筆時点では販売予定定価284,000円の33%OFF、189,800円(税・送料込)からオーダー可能となっています。

8色(ブラック、シルバー、ミリタリーグリーン、イタリアンレッド、ベージュ、ブルーホワイト、イエロー、アイアン)のカラーからお好みのものをお選びください。プロダクトの詳細は以下のWebサイトでチェックを!

>>【数量限定】フルサスペンション&極太タイヤのド迫力な折りたたみ電動アシスト自転車

Image: PHOENIX INC

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next