連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

腕時計の芸術作品。立体構造を鑑賞して楽しむトゥールビヨン「GRANTS」

machi-ya

author saori
腕時計の芸術作品。立体構造を鑑賞して楽しむトゥールビヨン「GRANTS」
Image: Kei Nishihara

100を超える精密なパーツが繊細に組み上げられることから超複雑機構と称されるトゥールビヨン。近年では手が届く価格帯のものも増え、そろそろ憧れの1本を、とお考えの方もいるのでは?

machi-yaでクラウドファンディングを開始した「GRANTS(グランツ)」は芸術作品のような世界観とデザインにこだわった高級腕時計。

内部機構が立体的に浮かび上がるような構造を採用したり、太陽と月をデザイン的に配置することでまさに眼福を存分に味わえる逸品です。洗練されたセンス溢れるこちらの作品、早速詳細をチェックしていきましょう!

ダイナミックな動きを視覚的に楽しむ

昨今盛り上がりを見せているトゥールビヨン市場。

技術革新で手の届きやすい価格帯のものが増え、贋作が出回ることもありますが、「GRANTS」はとにかく本物へのこだわりを追求しているのだとか。

89E14981-30EE-41A9-8CBE-96CD65CFA61E
Image: Kei Nishihara

機構にはフライングトゥールビヨンを採用。フライング/Flyingという名の通り内部が立体的に浮かび上がっているようなデザインで、機械のダイナミックな動きを視覚的に楽しめます。

どこか幻想的な雰囲気を醸し出す様子と精密な動きはついしばらく見惚れてしまうほど。愛好家から評価が非常に高い機構というのも納得です。

太陽と月で時間の移り変わりを表現

1BD60B7C-914A-476B-8902-EC26B233DE96
Image: Kei Nishihara

さらに「GRANTS」のデザインにはちょっと小粋な演出がプラスされています。

文字盤右側に位置するサン&ムーンフェイズ機構は、時間の移り変わりを太陽と月のデザインで表現。昼には太陽が、夜には星空が現れ、視覚的にも時間の移り変わりが感じられます。

D62287D6-9722-4D69-A591-FE60D1C653D3
Image: Kei Nishihara

トゥールビヨンといえばその内部機構の精密さや美しさに着目されがちですが、こうした演出があると世界観に奥行きがプラスされますね。

風防には高級時計ではお馴染みのサファイアガラスが採用されています。

「GRANTS」はもはや単なる時刻を確認するツールではなく、腕元に携えるアート作品とでも表現できるような作品ではないでしょうか。

機能面でも高級ブランドと遜色なし

視覚的な美しさはもちろん、「GRANTS」は機能面でも高級ブランドと遜色のない品質を担保しています。

9FC573E7-CD22-4160-9995-FFBD743CD449
Image: Kei Nishihara

日差は±10秒以下、機械式なので電池も不要で、最大稼働時間は約40時間とのこと。

92CE7852-1774-4C00-9E60-BF0ABD842754
Image: Kei Nishihara

一生モノの相棒として迎え入れるからにはアフターフォローも気になるところですが、「GRANTS」は5年間の保証付きでアフターケア体制も万全。

保証期間内で生じた自然故障については、無償で修理が受けられるそうですよ。

カラーは3色

今回用意されているのはネイビー、ブラック、ブラウンの3色。どれも主張しすぎない雰囲気ながらも、たしかな重厚感が感じられます。

DB86ACFC-A668-4781-B19D-37F2F536314C
Image: Kei Nishihara

トゥールビヨンとサン&ムーンフェイズ機構がバランスよく配置され、普段使いとしても堅苦しくないデザイン。さりげないセンスの良さが感じられ、トゥールビヨンデビューにもぴったりです。

1年頑張った自分へのご褒美に、また大切な方へのプレゼントとしても喜ばれそうですね。


フライングトゥールビヨン搭載で超精密機構が存分に楽しめる「GRANTS」はクラウドファンディングサイトmachi-yaにて、執筆時点では販売予定価格から24%OFF の128,000円(税・送料込)からオーダー可能。数に限りがありますのでお早めに。

今回ご紹介しきれなかったプロダクトの魅力は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>時計愛好家憧れのトゥールビヨンを広めたい!新進気鋭の高級腕時計「GRANTS」

Image: Kei Nishihara

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next