連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

デスクでうつ伏せ寝する人に試してほしい「昼寝枕」【今日のライフハックツール】

author 文・写真:hiro.
  • カテゴリー:
  • TOOL
デスクでうつ伏せ寝する人に試してほしい「昼寝枕」【今日のライフハックツール】

筆者は長年、仰向けに寝ることができず、胎児のように横向きになって寝ています。寝具が悪いのか姿勢が悪いのかはわかりませんが、とにかく仰向けで寝るとしんどいのです。

そのせいか肩や首のコリが酷く、2週間に一度はマッサージ店に行ってほぐしてもらうのですが、マッサージ店によくある穴あき枕だと、実に快適に眠れるのが不思議でした。

穴あき枕でスキマ時間にスピード充電

そこで、自宅でもうつ伏せで眠れるように…と探したのが、今回紹介する「LoveHome 昼寝枕」。

中央にちょうど良いサイズの穴が開けられており、顔をすっぽり埋めることができ、手を差し込む空間も開けられています。これで熟睡間違いなし!

IMG_0372-1

と思ったのも束の間。実際にうつ伏せで寝てみると、息苦しく、鼻の先が床に当たってしまい、3分と寝ていられません。

これは私が両手を下げた姿勢で寝てしまい、顔だけで体重を支えようとした結果、枕に負荷をかけていたからのようです。

そこで考え方を変え、デスク上での昼寝用として使ってみました。

これはすごく良いです!

両手を自然に枕の下へ置くことができ、頭の重さも分散され、顔がピッタリと収まります。

IMG_0368-1

枕に設けられた「U型透かし設計」により、楽に呼吸ができますし、胸部にまでなだらかにクッションが続くことで胸も痛くなりません。

手が痺れず楽に眠れる

30分ほど昼寝をしてみましたが、手が痺れず、楽な姿勢で眠れます。

お昼寝やちょっとした休憩に適しており、首を挟む形で使えば、極厚のネックピローとしても機能しますよ。

IMG_0373-1
IMG_0374-1

当初の目的こそ果たせませんでしたが、休憩用の枕として考えると非常に良くできた製品。

この昼寝枕は、Amazonなどで2980円(税込、送料込)で販売されています(※執筆時)。お昼休憩の15分や、仕事の合間のスキマ時間にサッと使うことができ、かなり重宝する枕ですよ。

swiper-button-prev
swiper-button-next