連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneをフル充電できない意外な理由

author MakeUseOf/訳:伊藤貴之
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneをフル充電できない意外な理由
Image: Shutterstock

画面の破損以外に、iPhoneユーザーがよく遭遇するのが充電の問題です。

もっとも、iPhone(やその他のスマートフォン)のバッテリーは、時間の経過とともに自然に劣化する数少ない部品のひとつであることを考えれば不思議はありません。

時はすべてを変える。iPhoneのバッテリーも例外ではありません。

ただし、もしiPhoneの充電が80%で止まってしまうことに気づいたとしても、慌ててバッテリーを交換する必要はありませんよ。

この現象が起きる原因はいくつかありますが、そのほとんどが簡単に解決できます。今回は、iPhoneの充電が80%で止まる理由と、その解決策を紹介しますね。

iPhoneの充電が80%で止まってしまうのはなぜ?

20211011-stopcharging01

iPhoneの充電が80%で止まってしまう原因は、おそらくAppleがiPhoneのバッテリーの寿命を延ばすために実装した機能です。

AppleはiOS 13で「最適化されたバッテリー充電」機能を導入し、iPhoneの充電速度を遅くし、さらにバッテリーに過度の負担をかけないように80%まで充電したら保留になるようにしました。

この機能のせいで、iPhoneの充電が80%で止まってしまうことがあります。

多くの人が、スマートフォンをできるだけ充電した状態に保とうとしていますが、実際のところ、それがiPhoneのバッテリーに悪影響を及ぼしています。

フル充電の状態を維持することは、スマートフォンのバッテリーに負担をかけ、寿命を縮めることにつながるからです。

また、言うまでもなく、一晩中充電し続けるとバッテリーが熱くなり、寿命が短くなります

iPhoneの「最適化されたバッテリー充電」機能をオフにする方法

iOS 13のiPhoneでは、この「最適化されたバッテリー充電」機能がデフォルトでオンになっています。

100%まで充電したい場合は、バッテリー設定からこの機能を簡単に無効にできますよ。

「最適化されたバッテリー充電」機能をオフにするには、[設定]>[バッテリー]>[バッテリーの状態]の順に選択し、[最適化されたバッテリー充電]をオフにします。

[明日までオフにする]と「(永久に)オフにする」を選ぶ画面が表示されるので、好きな方を選んでください。

apple
20211011-stopcharging05

バッテリーパワーを最大限に活用する

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには、まず、バッテリーの寿命を短くする原因を理解することです。

この記事で紹介した充電のコツを頭に入れ、高品質のiPhone用充電器を使うことで、バッテリーを最大限に長持ちさせることができます。


Original Article: Here's Why Your iPhone Stops Charging at 80% by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next