連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

中古のiPhoneを買うならiPhone XSを勧める理由

author Jake Peterson - Lifehacker US[原文]/訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
中古のiPhoneを買うならiPhone XSを勧める理由
Image: Shutterstock

Appleは、新しいiPhone 13 miniを86800円、iPhone 13を98800円、iPhone 13 Proを122800円、iPhone 13 Pro Maxを134800円で販売しています。

しかし、120Hzのディスプレイや、お金で買える最新で最高のスマホカメラをどうしても欲しいというのでなければ、中古のiPhoneに価値を見出すかもしれません

これまでに製造されたすべてのiPhoneが中古で販売されていますが、今年は特に魅力的なものが登場しました。iPhone XSです。

iPhone XS、 XS Max、XRの歴史

Appleは、2018年にiPhone XS、XS Max、XRを発売。

これは、iPhone Xの大幅なデザイン変更後にAppleが発表した初めてのスマホであり、すべての新しいiPhoneが初めて同じデザイン言語、すなわち、エッジツーエッジのディスプレイを備えることになり、Face IDも搭載して物議を醸すようになりました。

当時は、大したアップグレードには見えなかったでしょう。

XSのデザインはXとほぼ同じで(新色が1色追加されただけ)、リアカメラも技術的には向上しているものの、前年のイメージを覆すようなものではありませんでした

最大の変更点はプロセッサーで、機械学習とグラフィックスの機能を大幅に向上させながらも、CPUのアップグレードは控えめです。

この機種は、節約してカラフルなXRを手に入れたり、お金をかけてiPhone史上最大のディスプレイを持つXS Maxを手に入れたりと、かなり古い機種からのアップグレードを想定しているように見えました。

なぜ、他のiPhoneは市場価値が劣るのか?

数多くのiPhoneが出回っており、iPhone Xはいまだに健在で、遠目で見ると比較的新しいiPhoneのように見えます。

iPhone 6SでさえiOS 15を搭載しており、中古市場で安く手に入れても、Appleの最新の更新を受け取ることができます。

要は、iOS 15は、多くのiPhoneに対応していますが、すべてのiPhoneを平等に扱っているわけではないということです

Appleは、古いiPhone向けの最新のアップデートから、Live Text、FaceTimeのポートレートモード、マップのAR徒歩ガイド、写真の中の場所を調べる機能、Home-kitのスマートロックのWalletを使ったロック解除、Siriのオンデバイス対応などの機能を削ぎ落しています。

iOS 15の機能を利用するためのハードウェア要件とは?

これらのiOS 15の機能を利用するには、AppleのA12チップ以降が必要となります。つまり、iPhone 6S、6S Plus、SE(初代)、7、7 Plus、8、8 Plus、Xのすべての機種では、これらの楽しい新機能を利用できないことになりますね

このA12チップは、偶然にもiPhone XS、XS Max、XRに搭載されています(さらに、第5世代のiPad Mini、第3世代のiPad Air、第8世代のiPad、第2世代のApple TV 4Kにも搭載されています)。

これら3つのiPhoneは、前述のiOS 15の機能に加えて、Appleの大型の更新に見られるその他のすべての新しい変更に対応しており、完全なiOS 15体験を提供する最も古いiPhoneとなっていますよ。

読者の皆さんはどうだかわかりませんが、私は 「一番古いiPhone 」と聞くと、「最も安いiPhone」と思ってしまいます。それが、これらの中古スマホの魅力です。

XS MaxやXRではなく、なぜiPhone XSなのか?

本当に、価値があるとわかります。アメリカのSwappaによると、iPhone XSの平均価格は約309ドル。一方で、 XS Max は365ドル、 XR,は287ドルとなっています。

もちろん、A12のiPhoneにできるだけお金をかけたくない人は、XRを選びます。大きなディスプレイが欲しくて、余分な出費を気にしないなら、XS Maxになりますかね。

しかし、XRでは使えないデュアルカメラやOLEDディスプレイは欲しいけれど、6.5インチの画面にはこだわらない、そんな中間的な人のためのモデルがXSです。

もっと多くの機能を手に入れたければ、さらにお金を使う必要がありますが、本当に必要でないものにはお金を使わないようにしましょう。

今年はお金をかけずに高品質のiPhoneを体験したいと考えている人たちには、iPhone XSを選んでおけば間違いないでしょうね


Source: SWAPPA(1,2,3

swiper-button-prev
swiper-button-next