連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

一度は手にしたい最高峰。トゥールビヨン搭載腕時計「WALDHOFF」の先行オーダーが終了間近

machi-ya

author junior
  • カテゴリー:
  • TOOL
一度は手にしたい最高峰。トゥールビヨン搭載腕時計「WALDHOFF」の先行オーダーが終了間近
Photo: Tomohiro Ito

2021年9月18日の記事を編集し再掲しています。

現在姉妹サイトmachi-yaで好評キャンペーン中の時計ブランド「WALDHOFF(ヴァルドホフ)」の「THE VANGUARD V8」と「THE IMPERIAL」。

機械式時計最高峰のひとつと言われるトゥールビヨン機構を搭載し、ドイツ製らしいこだわりが随所で垣間見られる腕時計として反響を集めています。

お得な先行オーダーの受付が間もなく終了とのことでしたので、改めて特長や使ってみた印象をお届けします。

憧れの超絶機構が手に届く時代

IMG_6965
Photo: Tomohiro Ito

「世界三大複雑機構のひとつ」というだけでも心くすぐられませんか?

40代の筆者が若い頃トゥールビヨンを購入するには数百万円は覚悟が必要なイメージでしたが、設計環境と工作技術の進化によって憧れのムーブメントが手に届く時代になったんです。

今回お借りした2モデルとも、木目が美しいプレミアムコレクターズボックスに収納されていましたよ。

IMG_2375
Photo: Tomohiro Ito

お借りした「THE VANGUARD V8(左)」のカラーはロイヤルブルー。「THE IMPERIAL(右)」のカラーリングはブラックダイヤモンド。

今回のキャンペーンでは「THE IMPERIAL」に3種の新作カラー、「THE VANGUARD V8」には1種の新作カラーと日本限定モデルであるBlackが登場しています。

回
Photo: Tomohiro Ito

竜頭から微妙に伝わるバネの心地よい反発を感じながらゼンマイを巻くと、トゥールビヨンのムーブメントにいよいよ息吹が。

噂どおりの超絶機構が時を刻む様子をハイスピードで撮影してみましたが、その美しさと精巧さに思わず息を呑みます。

「皇帝」の名にふさわしい一本

IMG_6895
Photo: Tomohiro Ito

「THE IMPERIAL」を手に取ってみた感覚は、思っていた以上にボリュームがある印象。

写真ではイメージしにくかったのですが、裏面はもちろんケースの横面にもサファイアガラスが使用されています。

IMG_6891
Photo: Tomohiro Ito

「トゥールビヨン」はフランス語で「渦」という意味ですが、その複雑なメカニズムに加えて「THE IMPERIAL」には象徴的な渦巻き模様のモチーフが見られます。

「皇帝」の名にふさわしいバロック形式の透かし模様を踏襲しているとのこと。

IMG_6944
Photo: Tomohiro Ito

奥行き感や立体感も想像以上。光に透かしてみると、各パーツの精度の高さに驚かされます。

IMG_6911
Photo: Tomohiro Ito

フォーマルなシーンにフィットするノーブルなデザインだと感じました。

IMG_6897
Photo: Tomohiro Ito

裏面も美しいメカニズムを存分に楽しめるサファイアガラス仕様。

カーフベルトはクイックリリース機構がついているので、シーンに合わせて気軽に交換ができるのもうれしい点。

追加のカーフベルト(ブラック/ブルー/ブラウン)はオプションとなっているので、オーダー時に加えておくと楽しみがより増えると思います。

前衛的で高級感あふれるスタイリング

6924
Photo: Tomohiro Ito

レーシングカーのエンジンからインスパイヤされたシャープなデザインの「THE VANGUARD V8」。

7リンクのステンレスブレスレットということもあり、ズッシリとした重みを感じます。

IMG_2421
Photo: Tomohiro Ito

ケース厚は「THE IMPERIAL」より若干薄め。耐腐食性に優れたSUS316ステンレスに全体を守られた堅牢なイメージです。

直線を活かしたシルエットとパーツのディテールが、自動車大国ドイツのこだわりを感じさせますね。

IMG_2426
Photo: Tomohiro Ito

裏面もサファイアガラス仕様。

メタリックな色合いにブルーとバイオレットのポイントカラーが効き、ずっと見ていられましたよ。

IMG_2414
Photo: Tomohiro Ito

バックルは観音開き(両開き)でスムーズに脱着ができました。

IMG_6941
Photo: Tomohiro Ito

光に透かしてみると、「The Vanguard V8」は「THE IMPERIAL」以上の抜けを感じるデザインのスタイリング。

耳に当ててみると、トゥールビヨンが奏でる小気味いいカチカチという機械音が響きます。デジタル全盛の今だからこそ、アナログの魅力やステイタスを感じたいものです。

アフターサービスもしっかり

Kyoei
Image: Tridia

ムーブメントが複雑化するほどに心配になるのが万が一の故障時やメンテナンスについてですが、アフターサポートには大手百貨店での時計修理も請け負う共栄産業株式会社が控えているそうなので安心ですね。

およそ5年ごとのオーバーホールを着実に行えば、末長く愛することができる1台になると思います。

935
Photo: Tomohiro Ito

また、ポイントとして特に気になっていたのが80時間のパワーリザーブ。3日以上というのは大きな魅力です。

試しに金曜の仕事終わりにボックスに収納し、月曜午前に確認をしてみましたが正しい時を刻み続けてくれていました。頼りになる相棒としてビジネスシーンでの日常使いにも大いに活躍してくれそうですね。


「WALDHOFF(ヴァルドホフ)」の「THE VANGUARD V8」と「THE IMPERIAL」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて先行販売キャンペーンを実施中。

執筆時点では、「THE VANGUARD V8」は156,100円、「THE IMPERIAL」は200,900円(いずれも送料・税込)からオーダーいただけました。

キャンペーン残り期間も短くなっていますので、気になる方はお早めに。詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

Photo: Tomohiro Ito

Image: Tridia

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next