連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS15の新機能! 紛失したiPhoneの電源がオフでも探す方法

author Khamosh Pathak - Lifehacker US[原文]/訳:伊藤貴之
  • カテゴリー:
  • TOOL
iOS15の新機能! 紛失したiPhoneの電源がオフでも探す方法
Image: Shutterstock

iOS 15のアップデートで、Appleは「探す」機能をさらに強化しています。

この機能では通常、紛失したApple製デバイスの検索、位置の特定、データの消去を行うことができますが、iOS 15を搭載した一部のバージョンのiPhoneでは、電源を切ったあと(泥棒が最初にすること)でも追跡が可能となります。

これはどのような仕組みなのでしょうか。また、iPhoneの電源を完全に切ることはもうできないのでしょうか?

オフラインでのiPhoneの追跡はどのように行われるのか?

Appleは今後、低消費電力のU1チップを使って、iPhoneの電源を切った後でも位置情報を追跡し続けます。

この機能は、一部のiPhone(iPhone 11以降、最新のiPhone 13およびiPhone 13 Proを含む)にiOS 15をインストールすると、デフォルトで有効になります。この機能が使えるiPhoneは以下の通り。

  • iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 12 mini, iPhone 12, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 13 mini, iPhone 13, iPhone 13 Pro, iPhone 13 Pro Max

iPhoneの電源を切っても、Appleはカスタムセキュアアプレットを介してLow Energy Bluetoothチップを稼働。

iPhoneの他の部分は完全にオフになります(Hey Siriリクエストなどのバックグラウンドタスクに使用されるalways-onプロセッサも含む)。

もうひとつの要素は、AppleのUltra Wide Band U1チップです。AirTagと同様に、iPhoneは暗号化された安全なビーコンを周囲のAppleデバイスに送信し続けます。

そして、誰かが電源がオフになっているiPhoneの近くを通ると、iPhoneはそのビーコンを拾い、「探す」ネットワークを使って安全に情報を送信します。

より専門的な説明をお求めの方は、Naehrdine氏のブログ記事とHector Martin氏のTwitterスレッドをご覧ください。

なお、この機能はアメリカ、ロシア、インドネシアなど限定的に利用が解除されており、日本ではまだ未対応です(2021年10月19日時点)。

iPhoneの電源を完全にオフにする方法

AppleはこのオフラインでのiPhoneの追跡を安全な方法で実行しますが、iPhoneの電源が完全にはオフにならないという事実に異議を唱えたくなる人もいるかもしれません。

iPhoneの電源を完全にオフにするには、2つの方法があります。

まず、iPhoneの電源を切ろうとしたときに小さく表示される、[iPhone Findable After Power Off(電源オフのあともiPhoneの所在地は確認可能)]ボタンをタップします。

ここで、[Temporarily Turn Off Finding(一時的に探すをオフにする)]オプションを選択すると、今回だけ完全にiPhoneの電源を切ることができます。

20211017-findme02
Screenshot: Khamosh Pathak/ Lifehacker US

今後もずっと、iPhoneの電源を完全にオフにできるようにしたい場合は[“探す” のネットワーク]機能を無効にする必要がありますが、当然ながらお勧めはできません。

それでもそうしたいなら、[設定]アプリを起動し、[Apple ID]>[iCloud]>[iPhoneを探す]と進み、[“探す” のネットワーク]機能を無効にしてください。


Source: Naehrdine, Twitter

swiper-button-prev
swiper-button-next