連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

木のフローリングを傷つけない掃除方法

author Elizabeth Yuko - Lifehacker US[原文](訳:的野裕子)
木のフローリングを傷つけない掃除方法
Image: Shutterstock

木のフローリングで、部屋全体の雰囲気が変わります。明るい色や暗い色、幅広の板や寄せ木張りなど、木のフローリングの床の人気は高いです。

しかし、木のフローリングのメンテナンスは(ラミネートやビニール、木目調のフローリングタイルなどとは違って)手間もかかります。

何百年ももちますが、適切な手入れをしなければ、時間と共に劣化していくでしょう。

今回は、木材の卸売協会(HDA)のTIPSから、木のフローリングの床を傷つけない掃除方法をご紹介します。

自宅のフローリングの仕上げを知る

自宅のフローリングの床は、ワックスやニスがついていますか?

使われている仕上げのタイプを知っている人は、次の見出しまで読み飛ばしてください。

それ以外の人は、自分の家の床がコーティングされているかどう判断すれば良いでしょうか。HDAの専門家は以下のようなやり方をすすめています。

違いがわからない時は、指で床をこすってみましょう。ただし、きれいな床の上でやってください。

汚れが出なければ、床の表面が耐久性と耐水性のあるコーティングされています。汚れが出た場合は、浸透性のシールやオイル塗装、ニス、ラッカー、ワックスなどで仕上げてあります。

床が貼られた時期も考慮しましょう。

比較的新しいフローリングの場合、表面がコーティングされている可能性が高いです。

様々な種類のフローリングの安全な掃除方法

フローリングの仕上げのタイプに関わらず、HDAは玄関の内と外の両方に、フロアマットを敷くことをすすめています。

雨や雪が屋内に入り、水に濡れるのを防ぐだけでなく、(サンドペーパーのように)フローリングの床を傷つける可能性のある、家の中に入ってくる土や砂粒、ホコリなどの量を減らします。

掃除機も便利ですが、HDAは日常的にフローリングを掃除するのに、高品質のほうきやマイクロファイバークロスを使うようすすめています。

掃除機を使っている場合は、(床を傷つけるおそれのある)回転ブラシの付いてない掃除機にしてください。

ウレタン塗装やポリウレタン塗装

かなり最近貼られたフローリングの床であれば、ウレタン塗装やポリウレタン塗装とも呼ばれる、耐久性と耐水性を兼ね備えたコーティングで、表面が保護されている可能性が高いです。

安全な掃除製品を見つけるには、フローリングメーカーがすすめているものを確認するのが一番簡単です。

それができない場合は、(ワックスや石油系でなければ)一般的なフローリング掃除用洗剤がいいとHDAは言っています。

ワックス仕上げ

ワックス仕上げ専用の掃除製品のみを使い、きちんと使用方法を守ってください(床に塗ってどれくらいの時間おくかなど)。

それから、床を掃除した後に、溶剤系ワックスを新たに塗りましょう、とHDAは言っています。

アクリル塗装仕上げ

この仕上げは、名前の通り木材に染み込ませるので、非常に耐久性のある床になります。しかし、HDA曰く、主に人通りの多い商業ビルなどで使われており、一般家庭ではおそらく使われていないだろうということです。

万が一、自宅(もしくは職場など)の床がこの仕上げだった場合、どの仕上げ剤が使われているかを確認しなければなりません。

ウレタン系の仕上げの場合、コーティングされた床の掃除方法にしたがってください。

ウレタン系の仕上げでない場合、スプレー・バフ(スプレーで洗剤を塗布し、ポリッシャーで落とす)方式と、メーカー推奨の製品を使ってください。


Source: HDA

swiper-button-prev
swiper-button-next