連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneとiPadは早急にアップデートしたほうがいい

author Jake Peterson - Lifehacker US[原文]/訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneとiPadは早急にアップデートしたほうがいい
Photo: Marian Weyo (Shutterstock)

Appleは10月11日月曜日に、対応するiPhoneとiPadにiOS15.0.2とiPadOS15.0.2をリリースしました。

当初、このアップデートはデバイスのマイナーチェンジのように見えました。

「0.2」という小さな数字は、ユーザーが前回のアップデート以降に遭遇したかもしれない小さなバグを修正するためのアップデートであることを意味しています。

しかし、Appleはその後、この新しいアップデートがその名前から想像されるよりもはるかに重要だということを伝えています。

15.0.2は、iPhoneとiPadに対して重要なセキュリティパッチを提供しているからです。

iOSとiPadOS 15.0.1だとデバイスのセキュリティが破られる可能性がある

Appleは、iOSとiPadOSのゼロデイ・エクスプロイトを、認識したとしています。

このエクスプロイトを利用すると、悪意のある者がアプリを使ってカーネル権限で任意のコードを実行することが可能になります。

要約すると、通常は誰もアクセスできないはずのiPhoneやiPadの一部に誰かがアクセスできるようになり、デバイスが悪意ある活動にさらされる可能性があるということです。

Appleによると、このセキュリティ上の欠陥はすでに悪用されている可能性があるため、なおさら緊急にデバイスにパッチをインストールしなければなりません。

15.0.2に対応するiPhoneとiPadとは?

iOS 15とiPadOS 15に対応しているすべてのiPhoneとiPadは、15.0.2にアップデートできます。

対象となるのは、iPhone 6s以降、iPad Pro(全モデル)、iPad Air 2以降、iPad第5世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch(第7世代)です。

しかし、デバイスが古すぎてiOS 15を実行できない場合は、ソフトウェアのアップデートをチェックし続けましょう。

Appleは、このセキュリティ上の脆弱性がiOS 12デバイスにも影響を及ぼすことを発見したら、特別なパッチを発行する予定です。

興味深いことに、AppleはiOS 14.8向けのパッチは発行していないようです。

iPhoneやiPadをiOS 14の最終のバージョンのままにしておけますが、その一方で、同社は今後提供されるセキュリティパッチにもアクセスできるようにしています。

iOS 14.8を搭載したデバイスにはこのパッチが適用されていないため、この欠陥は15.0か15.0.1を搭載したデバイスにのみ影響するでしょう。

ただし、iOS 14.8を使用しているなら、Appleがセキュリティパッチをリリースしないか注意していましょう。

iOSとiPadOS 15.0.2をiPhoneやiPadにインストールする方法

Appleは、iPhoneやiPadをとても簡単に最新のソフトウェアバージョンにアップデートできるようにしています。

設定」アプリを開き、「一般」→「ソフトウェアのアップデート」と進みます。ここで、iOSやiPadOSが最新のアップデートをチェックすることを許可。

15.0.2が表示されたら、画面に表示される指示に従って、アップデートをダウンロードしてデバイスにインストールします。

※2021.10.19:加筆修正:iOS15.0.2の対象をiPhone 6としていましたが、iPhone 6sと修正。また、「iPhoneやiPadが最新のiOS 14を使用できるようにしていますが」という表記を「iPhoneやiPadをiOS 14の最終のバージョンのままにしておけますが」に修正しています。

swiper-button-prev
swiper-button-next