連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

充電ステーションにもなるケーブルボックスで、ガジェット類の定位置を作ってみた

GIZMODO

author 中川真知子
  • カテゴリー:
  • TOOL
充電ステーションにもなるケーブルボックスで、ガジェット類の定位置を作ってみた

ギズモード・ジャパンより転載

思わぬ効果があったかも…。

電源タップやケーブルって、ガジェットを使う上で必須ですよね。でも、部屋を雑多に見せる困りもの。筆者もできればケーブル類を目にしたくなくて、隠したりまとめたりしてきました。

でも、ケーブルタップだけは上手に隠せなくて…。

そこで、初めてケーブルボックスなるものを使ってみることに。うん、結構いい感じですよ。

インテリアになじむケーブルボックス

ケーブルボックス2
Photo:中川真知子

サンワダイレクトの「ケーブルボックス 200-CB006」は、ケーブルタップとケーブルを隠せるだけでなく、シンプルなデザインでインテリアになじんでくれます。

ケーブルボックス3
Photo:中川真知子

サイズは横40×幅14.5×高さ15.2cm。筆者は6個口の電源タップを入れて使っています。

充電ステーションとして

ケーブルボックス4
Photo:中川真知子

ただ隠すだけでなく、ダボを組み替えれば充電ステーションとして使えます。スマホやタブレットの定位置を作ることにもなるので、「あれ、スマホどこやったっけ?」が減りました。

ケーブルボックス5
Photo:中川真知子

それに、常にここに置いておけば充電し忘れも防止できます。

ケーブルボックス6
Photo:中川真知子

ボックスの上に物を置けるのも便利ですね。

中にアクセスしやすい

ケーブルボックス7
Photo:中川真知子

ケーブルボックス 200-CB006」は、フロントがマグネット式でガバッと開けられるので、スイッチ式の個口やUSBを取り替えたい時でも簡単にアクセスできます。

ケーブルボックス8
Photo:中川真知子

背面にも隙間が空いているので、こちらからも中を確認可能です。

ケーブル類を隠すだけでなくホコリからも守れますし、個人的にはスマホ類に定位置を与えてあげられたのが嬉しいです。これまではパソコンの横にスマホをおいていて、ことあるごとに触っていましたがそれも減りました。思わぬデジタルデトックス効果を得られたかもしれません。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: 中川真知子

Source: Amazon.co.jp

swiper-button-prev
swiper-button-next