連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhone「メモアプリ」活用術~タグ・スマートフォルダを使いこなす

author MakeUseOf/訳:ぬえよしこ
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhone「メモアプリ」活用術~タグ・スマートフォルダを使いこなす
Image: Shutterstock

iPhoneユーザーなら、Apple純正のメモアプリを使ったことがあると思います。スケッチしたり、アイデアを書き留めたり、リストを作成してほかのAppleユーザーと共有できる便利なツールです。

iOS 15のリリースに伴い、Appleのメモ機能が更新されてタグスマートフォルダが加わりました。これらの便利な機能を使って、iPhoneのメモアプリを最大限に活用しない手はありません。

メモアプリでタグを使う方法

情報やアイデアをささっと書き留めたいとき、メモアプリに頼っている人は多いでしょう。でも、知らない間にメモしたものが溜まってしまったら、必要なものを見つけるのが難しくなります。

そこで、タグの登場です。タグを使えばメモ類を整理したり分類することができます。なお、タグとは、ハッシュ(#)記号が前に付いたキーワードのこと。

方法は、1つ以上のタグをメモ類に直接つけるだけ。ハッシュ記号の後に入力する単語はすべて灰色になります。必ずスペースを押すか、その単語の後に戻って単語を黄色に変えるとタグになります。

メモアプリは黄色のタグだけを検出することができます。

「タグ」ブラウザを使ってメモを探す方法

「タグ」ブラウザを使うと、1つ以上のタグが付けられたメモ類を即時に検索できます

「タグ」ブラウザは、アプリのフォルダ一覧のその他すべてのフォルダの下にあります。現在使用中のタグだけがここに表示されます

「タグ」ブラウザを使うには、1つ以上のタグをタップするだけ。すると、選択したタグが付いているメモ類すべてのリストが表示されます。

Image1
Image: MakeUseOf

スマートフォルダでメモ類を自動整理する方法

カスタムしたスマートフォルダで、タグをもっと使いこなすことができます。

この機能で、特定のタグがつけられたメモ類をすべて自動的にグループ化して、いつでも簡単に見つけられるようになります。次の手順で有効にしましょう。

  1. メモアプリを開いて、フォルダ一覧に移動する
  2. 「フォルダの追加」アイコンをタップして、「新規スマートフォルダ」を選択する
  3. 提案されたオプションから1つ以上のタグを選択する。または、「新規タグを作成」テキストフィールドに入力して新しいタグを追加する
  4. スマートフォルダの名前を変更して、「完了」をタップする。
スマートフォルダの作成フロー
Image: MakeUseOf

新しいスマートフォルダがフォルダ一覧に表示され、横に歯車アイコンが表示されます。

タグを追加したり、スマートフォルダの名前を変更したい場合には次の手順で行ないます。

  1. 変更するスマートフォルダをタップする。画面の右上隅にある省略記号(…)を選択する
  2. スマートフォルダを編集」をタップする
  3. フォルダの名前を変更したり、タグを追加・削除する
スマートフォルダの編集フロー
Image: MakeUseOf

注意点が1つあります。スマートフォルダ内で見つけられるように、すべてのメモにタグをつけるのを忘れないように

「メモ取り」が捗る機能を活用しよう

iPhoneのメモアプリは一見ベーシックなツールに見えますが、整理したりプロジェクトを管理するのに役立つスマートな機能があります。

タグ付け機能を利用すれば、メモ類をどこに保存しようかと悩むことなく、アイデアをどんどん書き留めることができるでしょう。

Original article: How to Organize Notes on Your iPhone Using Tags by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next