連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマホライフを快適にする新発想の底面型リング「SYANTO(シャント)」を試してみた!

machi-ya

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
スマホライフを快適にする新発想の底面型リング「SYANTO(シャント)」を試してみた!
Photo: 山田洋路

筆者の中で、スマホアクセサリーの進化はスマホリングでストップしていたのですが、ここにきて新たな発明が誕生したようです。

現在machi-yaでプロジェクトを展開する底面型リング「SYANTO(シャント)」は、スマホのホールドスタイルを変える魔法のアイテム。スマホリングのちょっとした弱点、ワイヤレス充電の邪魔になる、厚みが増す…といった点もしっかり克服しています。

想像の範囲外からやってきたプロダクトを借りできたので、使ってみてわかった利便性・革新性についてご紹介していきます。

かつて見たことがない方法でスマホに取り付け

SYANTO(9)
Photo: 山田洋路

正直に申し上げます。初めて「SYANTO」を手に取ったとき、スマホリングにも匹敵するくらいシンプルな構造のプロダクトが、スマホライフをどう快適にしてくれるのかがピンときませんでした。“底面型リング”と謳ってはいますが、取っ手に相当するようなパーツは見当たりません。

SYANTO-1
Photo: 山田洋路

そもそもどこに取り付けるのかについて。一般的なスマホリングやスタンドのように“自分なりに使いやすそうな位置”ではなく、「SYANTO」にはしっかりと定位置があります。それは底面(多くのスマホでUSBポートのある位置近辺)ということになるのですが、吸着素材側のパッドをケースや本体に貼り付けると、ベルトがぶら下がっている独特な形。

SYANTO(3)
Photo: 山田洋路

取り付けてみて、やっと使い方が見えてきました! パッド同士をつなぐベルトを、小指と薬指で挟んでスマホをホールドするわけですね。

命綱の設置でスマホの落下とは無縁に

SYANTO(7)
Photo: 山田洋路

試してみると、大きめのパッドが自然と小指に引っ掛かるため、ほとんど力を入れずにスマホをホールドできるのがわかります。

SYANTO(2)
Photo: 山田洋路

万が一スマホが手から滑り落ちても、命綱が機能して落下を防いでくれます。特にスマホを買い換えたばかりの時は手がサイズに慣れず、落として画面割れした経験も。そんなとき「SYANTO」があれば心強いですし、自由なホールドスタイルでスマホが扱えるようになる点でも革新的です!

底重心でスマホが軽く感じられる!

1628083402184(2)
Image: akebims

スマホがこんなに軽く感じるのは、どうやら底重心なのも関係しているようです。スマホリングは取り付ける位置によって支点が変わり、スマホが重く感じられることがありますが、底面型リングでは効率的な支点が確約されています。底面を支えてスマホを縦持ちすることにより、長時間利用による手の疲れは軽減しそう。この新設計は特許も取得済みとのことです。

自然と目線が上がる設計

SYANTO(1)
Photo: 山田洋路

ほかにも、低い位置でスマホをホールドすることによる真のメリットが体感できました! すなわち「SYANTO」の設計には、スマホ閲覧時にうつむきがちになるのを防ぐ狙いもあるんです。

縦長のスマホはホールドする位置によって、目線の高さと首の角度が変わってきますよね。普段は真ん中辺りでホールドしがちな筆者も、「SYANTO」を活用することで自ずと底面で支えるように。スマホネックに繋がる無意識の癖を矯正してくれるのはありがたいです。

ワイヤレス充電の邪魔にならない

SYANTO(4)
Photo: 山田洋路

ホールドのスタイルに革新をもたらす「SYANTO」ですが、メリットはそれだけにとどまりません。スマホリングを使用していて悩ましいのは、ワイヤレス充電の邪魔になること。「SYANTO」は、設計上ワイヤレス充電器に干渉しませんので、ケースを外さず手軽に充電できます。この点が一番うれしいかも。

SYANTO(1)
Photo: 山田洋路

約1mmとの薄型設計のうえ、スマホの厚みが増さないのは収納にも有利。ポケットにすんなり入りますし、取り出すときは指で引っ掛けられるぶんスムーズになります。

自在なスタンドとしても秀逸

SYANTO(10)
Photo: 山田洋路

もちろんスタンドとしても機能し、縦置きも横置き自在です。

本革製の素材は手に馴染むだけじゃなく、見た目の高級感も演出してくれます。

shyanto
Image: akebims

粘着素材ではなく吸着素材を採用しているので、貼ったり剥がしたりも自由。スマホケースの素材によって利用が制限されるアクセサリの多い中、本体とケースに挟んで取り付ける「SYANTO」なら、スマホケースを選びません

shanto
Image: akebims

ところで、「SYANTO」のフォルムを見て画面クリーナーを連想するかもしれません。もちろん本体にそのような機能はないんですが、本プロジェクトでは空気触媒溶液「オールチタンAT254」を染み込ませた「SYANTO CLEAN」がセットになっていて、画面クリーナーにも統一感が持たせられます。


スマホのホールド性を高め、ワイヤレス充電の邪魔にならない「SYANTO」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では、超体験割の31%OFF、3,747円(消費税・送料込み)の支援コースが選択可能な状況です。従来のスマホリングを超える使い勝手でスマホの性能を拡張するアイテム、ぜひ試してみてください!

プロダクトの魅力はまだまだあります。支援や詳細は以下のWebページから確認を。

>>スマホリングはもう古い!身体を健康にするリング 革新ガジェット「SYANTO」

Image: akebims

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next