連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

「あのドキュメントどのクラウドだっけ?」を一発解決してくれるファイル検索ツール【今日のライフハックツール】

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
「あのドキュメントどのクラウドだっけ?」を一発解決してくれるファイル検索ツール【今日のライフハックツール】
Screenshot: 山田洋路 via LetsFind

クラウドを使い分けるように意識していても、時間の経過とともに線引きがあやふやになってしまいます。

数年前に作成したドキュメントを参照するとき、場所が思い出せなくて途方に暮れることはないでしょうか?

クラウドを一括で検索できれば、記憶を辿りつつ見当違いを繰り返すという、あの煩わしさから解放されそうです。

今回ご紹介する『LetsFind』は、Googleドライブ、Trello、Dropboxなどに保存したドキュメントをまとめて検索できるウェブアプリです。

アクセス許可を与えるだけで横断検索可能に

LetsFind(2)
Screenshot: 山田洋路 via LetsFind

バックアップも兼ねて、ドキュメントはクラウドに保存している方が多いかと思います。

直近のものは現在メインで利用している場所を検索すれば見つかりそうですが、長年の変遷であちこちに分散したものを掘り起こすのは至難の技です。

『LetsFind』を活用すれば、各サービスへのアクセス許可を与えるだけで、横断的にドキュメントが検索できるようになります。

今のところOneDriveやiCloudといった場所は検索できませんが、GoogleドライブやTrello、Dropbox、Slackといった頻繁に利用するサービスが検索対象に含められています。

中身まで含めた検索結果を一瞬で

LetsFind(3)
Screenshot: 山田洋路 via LetsFind

検索窓にワードを入力すれば、ファイル名だけじゃなくドキュメントの中身まで含めた検索結果を返してくれます。

GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートはもちろん、WordやExcel、PDF、テキスト(文字コードがシフトJISのものを除く)も含めて検索。一瞬でリストが表示されるのが快適です!

ワードが部分一致でもOK

LetsFind(4)
Screenshot: 山田洋路 via LetsFind

完全一致するものだけじゃなく、部分一致のワードも検索結果に含めてくれるのが賢いです。

直近に保存したものも大昔に保存したものも、等しくリスト化してくれます。

基本的にリストの項目をクリックすればファイルが開けますが、長年アクセスしていないファイルについては開くのに時間がかかるかもしれません(クラウド側の仕様)。

『LetsFind』は、アプリのWebページからユーザー登録して無料で利用可能。ドキュメントの検索に時間を取られたことある方に、時短をもたらしてくれるのではないでしょうか。

Source: LetsFind

swiper-button-prev
swiper-button-next