連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

【アナログメモ入門】メモを適切に保存し、再利用する方法

author 舘神龍彦
  • カテゴリー:
  • TOOL
【アナログメモ入門】メモを適切に保存し、再利用する方法
Image: Shutterstock

ライフハッカー[日本版]2021年7月の特集「深化するメモ術」では、タスクや目標を書き出すことの意義やメリット、アイデア術などの「メモの力」についてお伝えしました。

特集でも登場していただいた手帳評論家の舘神龍彦さんに、語り切れなかった「アナログメモ」の魅力について寄稿してもらいました。デジタル全盛の現代だからこそ見直すべき、アナログの力とは?

今回は第3回です。

デジタルネイティブこそ知ってほしい「アナログメモ入門」【第1回】

【アナログメモ入門】紙のメモ帳で検索性を高める方法とは?

舘神龍彦(たてがみ・たつひこ)

profile

デジアナリスト・手帳評論家。主な著書に『凄いiPhone手帳術』(えい出版社)、『意外と誰も教えてくれなかった手帳の基本』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『手帳と日本人』(NHK出版新書)など。「マツコの知らない世界」(TBSテレビ)「HelloWorld」(J-WAVE)はじめテレビ・ラジオ出演多数。ISOT2021文具PR委員。文具の製品開発、講演等を行っている。Yahoo! Japan クリエイターズプログラムで文具・手帳の動画を発信中。twitter:@tategamit

記録したアイデアや情報は、実際に活用してこそ意味が生まれるものです。

そして、アナログメモの保存と活用にはちょっとしたコツがあります。

アナログメモの特徴をよく知り、どうやったらうまく活用できるのか。「アナログメモ入門」最終回となる今回は、「メモの保存と再利用」についてお伝えします。

アナログメモは記録しやすく保存しにくい

アナログメモ入門の第1回では、「なぜメモが有用なのか」について説明しました。

脳が一度に覚えられる事柄には上限があり、考えたこと、思いついたことは、放っておくと消えてしまう(=忘れてしまう)から、メモを取って記録する必要があるという話でした。

しかし、アナログメモは「情報の保存媒体としては一時的なもの」という特徴があります。

たとえば綴じ手帳は、通常毎年買い換えるものです。1年が過ぎると、前の年の手帳は手元には置かなくなる人がほとんどでしょう。

ノートやメモ帳も同じです。使い終わる期間こそまちまちですが、最後のページまで書き終わったら、別のノートや手帳に切り替えます。

つまり、記入しやすいものの、いずれ手元からなくなる記録媒体。それがアナログメモなのです。

このことは、スマートフォンやパソコンと比較するとよくわかります。これらデジタルツールのデータの保存先はかつては内部メモリーのみでしたが、現在はクラウドサービスの登場と普及によって、DropboxやiCloudなどを活用することが一般的です。

これらは、端末を乗り換えても、ログインさえできればデータを問題なく利用し続けることができます。

アナログメモのデータをどう保存するか

前置きが長くなりましたが、アナログメモの情報をどう保存するか。これが今回のテーマです。

その手法について順にみていきましょう。

1.デジタルデータとして書き出す

基本は、定期的に見直して、ちょくちょくデジタル化することです。

ノートやメモ帳に仕事などのアイデアを書き残したら、しばらくの間は時々見返すように心がけてください。

いろいろなアイデアの中から、「これは使えそうだな」と思ったものは、ピックアップしてデジタル化するわけです。

私の場合、仕事のアイデアが思い浮かんだらまずメモ帳に書き込みます。

そして、これはいけそうだと思ったら、パソコンのエディターに入力。フォルダを作ってテキストとして保存します。

そして、具体的な企画始動に向けて計画を練っていきます。

アナログでメモを取ったのはいいものの、後で振り返ったら意味不明だったり、企画としてはイマイチだったりするネタもあるはずです。そういうものは、デジタル化するまでもなく、アナログな冊子の中にそのままにしておけばいいでしょう。

2.図はスマートフォンでキャプチャーし、クラウドにアップする

では、表や図解的なメモの場合はどうすればいいでしょうか。これは、各種クラウドサービスのスマートフォンアプリを利用します。

たとえば、DropboxやEvernote、OneDriveのiPhoneアプリには「カメラ撮影モード」があります。iPhone標準のメモにも、書類の撮影モードがあります。これらを使って、手書きの図をクラウドにアップするのです。

このときにどうしても期待してしまうのが、図や文字の単位でのデジタル化です。具体的には、そこに書いてある図形がそのまま編集可能な図になったり、OCR化(文字認識)されたりすることです。

それはなかなか難しいというのが現時点での結論です。

もちろん、そうなるに越したことはありません。ですが、もともと紙にペンで書いたものなので、そこまでは望まないほうが良さそうです。iPhoneのメモの場合だと、一部印刷されたフォントはそのまま認識するケースがまれに見られます。

後で活用する場合は、キャプチャーした画像はあくまで下書きと割り切り、それを見ながら新たに図を起こしたほうが早いでしょう。それでも、タブレットなどで図を書くよりも、アナログのほうがすばやく、正確に書けたはずです。

デジタル化にあたっては、手書きの図では足りなかったところや、逆に過剰なところも適宜編集しましょう。こういうワンクッションを置いた図形作成ができるところが、アナログのメモを使う意味であり、メリットでもあるのです。

3.ノート本体をどうするか

さて、使い終わったノート本体はどうすればいいでしょうか。

必要なデータをすべてデジタル化しているのなら、本体は処分しても問題はないはずです。

しかし、メモ帳をずっと愛用しているユーザーの多くは、保存しています。表紙に利用期間がいつからいつまでなのか、そして通しナンバーなどを書いて保存しています。

こうしておくと、いざというときに、記憶をたよりにメモを発掘できるからです。古いメモ帳やノートを開いて、使える情報があるかどうかはケースバイケースでしょう。

保存するかどうかはその人の好みです。クラウド上のデータと違い、かさんでくるとスペースを占有することも事実でしょう。

ただ、メモ帳をずっと保存しておく人は珍しくないことはお伝えしておきたいと思います。

舘神さんオススメアイテム

ルーズリーフミニ」(マルマン)

メモ帳として気軽に使える小型ルーズリーフ。大型のルーズリーフ(A4、B5、A5)のものとの併用も可能。 外したリーフはそのまま大型のバインダーにセットできる。

リーフ自体もカラフルなものが多数。紙質もよく、楽しく気軽に使える。


全3回でアナログメモのメリットとその活用法についてお伝えしてきましたが、番外編として次回、「デジタル文具」についてお伝えします。

swiper-button-prev
swiper-button-next