連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

水まわりの隙間を埋めて汚れをブロック!トイレやキッチンに【今日のライフハックツール】

author 中川真知子
  • カテゴリー:
  • TOOL
水まわりの隙間を埋めて汚れをブロック!トイレやキッチンに【今日のライフハックツール】
Image: Amazon.co.jp

水まわりってどんなに掃除しても、時間がたつと臭ってくるような気がしませんか。

もしかしたら、汚れが隙間に入り込んでしまっているのかも。

そこで、気になる隙間を埋める『スキマフィル』シリーズはいかがでしょう。入り込む隙間がなくなれば、臭いも汚れもブロックできそうです。

便器と床の間を埋める「トイレのスキマフィル」

51LQ3cJxynL
Image: Amazon.co.jp

シャープ化学の『トイレのスキマフィル』は、便器と床の間の隙間に塗るだけで、水や尿の侵入を防いでくれる代物だそう。

パウチを手で絞って使うから、専用の道具は必要ありません。

81py1m7aT5L._SL1500_
Image: Amazon.co.jp

透明だから目立たなく、トイレのコーディネートを邪魔しないのが嬉しい。また、固まるといつでもはがせるので、汚れたら貼り替えができ、防汚対策に便利です。

キッチンやお風呂で使いたい「水まわりのスキマフィル」

811TCxVaJ1L._AC_SL1500
Image: Amazon.co.jp

浴槽、洗面台、タイルの目地、流し台などの水まわりの気になる隙間には、抗菌剤と防カビ剤入りのW配合シリコーンである『水まわりのスキマフィル』もあります。こちらは水回りの隙間補修に使えるシリコーン充填剤で施工後にはがすタイプのものではなくしっかり密着、また硬化後の色は白でゴム状になります。

『スキマフィル』は単品購入のほかに、『トイレのスキマフィル』と『水まわりのスキマフィル』のセット購入も可能。

内容量はどちらも100mlです。

※2021.10.11修正:『水まわりのスキマフィル』の使用方法について、誤りがございました。こちらは一度硬化したものを施工後に剥がせる特性はありません。貼って剥がせるといった表現を一部修正しております。情報を修正して加筆しております。

swiper-button-prev
swiper-button-next