連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

エレコムの体組成計「エクリア」|7項目を自動転送で楽々管理【今日のライフハックツール】

author 文・写真:カマタユキコ
エレコムの体組成計「エクリア」|7項目を自動転送で楽々管理【今日のライフハックツール】

リモートワークも長らく続いたことで、体を動かす機会が必然的に減ったと感じている方は多いかもしれません。

筆者も普段から自宅で仕事をしていますが、体調管理だけは気をつけたいと今年のはじめに体重計を新調しました。

使用して約9カ月、データ自動送信のおかげで、ひと目で体重の増減や体脂肪率・骨格筋率まで把握できています。

50g単位まで正確に測定できるエクリア

210927elecom-01-1

去年までは体重・体脂肪率・BMI・体年齢を測定できる2000円くらいの体重計を使用していました。

しかし、家にいる時間が長くなったことで健康意識が高まり、「もっと正確に、内臓脂肪レベルも測定できるものが欲しい」と購入したのがエレコムの「エクリア 体組成形 HCS-WFS01」です。

表面はITOガラスになっており、透明電極なので景色が映るほど美しいガラス面になっています。

210927elecom-06-1

乗った人の体重を表示する機能だけを持つ「体重計」と、体重以外の体脂肪率などさまざまな要素を計測できる「体組成計」があります。

エクリアの体組成計は体重のほか、内臓脂肪レベル・体脂肪率・BMI・骨格筋率・骨量・基礎代謝の7項目を測定できるハイスペック商品。

筑波大学との産学連携によって、より正確な測定が可能になっています。

体重は50g単位まで測定できるので、微妙な体重の変化にも気づくことができます。わずかな体重の変化を意識することで、食事の量も調整できて助かっています。

乗るだけで測定データを専用アプリに自動転送

210930elecom-01
Screenshot:カマタユキコ via ECLEAR APP

購入の決め手になったのは、設定をすれば乗るだけで測定データを専用アプリ「ECLEAR APP」に自動転送してくれるところ。

体重と気になる数値を2軸で表示することができ、週や月の平均値も確認することが可能です。

過去の測定データから登録者を推定する自動認識機能を搭載しているため、電源を入れたり登録した番号を探す必要もなく、「乗るだけ」で測定開始、データ転送。

忙しい朝でもサッと測定して、1日をスタートさせています。

210927elecom-05-1

我が家の場合は、夫と筆者の2人分を登録。夫とは身長も10cm以上離れているので、転送された測定データが間違っていたということも今のところありません。

ただし、5GHz帯のWi-Fiには対応していないため、2.4GHz帯のWi-Fi(11b/g/n)での利用になります。購入する前に確認しましょう。

体型の変化をひと目で把握

210927elecom-04-1

足の大きい方でも安心して測定できる28cmサイズにも対応。

夫は以前の体重計は小さくて不安定だと感じていたようですが、今ではしっかりと安定して測定できています。

エクリアの体組成計にしたことで、夫も筆者もほぼ毎日測定しており、体重の変化はなし。健康的な数字を維持できていると思います。

210927elecom-07-1
Screenshot:カマタユキコ via ECLEAR APP

筆者に関しては、体重もBMIも標準よりやや低い値なのに、体脂肪率が高く隠れ肥満だという事実も判明。

薄々わかってはいましたが、意識できたことで運動もはじめ、9カ月の間に体脂肪率を5%下げることもできました。

以前は、測定しても記録をしていなかったり、「測定するのも面倒だ」と感じていました。

今はエクリアのおかげで、簡単に健康意識を高めることができています。

swiper-button-prev
swiper-button-next