連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

高額な買い物で失敗しない! 購入前に自問したい4つの質問

author Elizabeth Yuko - Lifehacker US[原文]/訳:春野ユリ
高額な買い物で失敗しない! 購入前に自問したい4つの質問
Image: Shutterstock

かつて 「買い物に行く」とは、洋服をビシッと着て、お店でショッピングをすることでした。

しかし今では、買い物はそこまでのイベント性はなく、退屈しのぎにスマホでするものになりました。

また、オンラインショッピングは、あちこちの店舗を回るよりも間違いなく便利ですが、その手軽さゆえに、今まで考えもしなかったような機能や製品なども含めて無限の選択肢があるように思えてしまいます。

Consumer Reportsが、最近『もっと賢い買い物をするためのガイド』という記事を掲載したので、その内容をご紹介します。参考になれば幸いです。

大きな買い物をする前に自問すべき4つの質問

Consumer Reportsは、オンラインで買い物をするときは、以下の4つの質問を自問することを推奨しています。

1.何が欲しいのか

ブランドや色、価格など、自分が求めているものが既にはっきりしていることもありますが、どんな機能が自分のニーズを満たすのかわからないこともあるでしょう。

後者の場合、Consumer Reportsのディールズ・エディターであるSamantha Gordonさんは、欲しいと思うタイプの製品の「ベスト」なメーカー/モデルを検索することを提案しています。

そのリストから何かを購入しなくても、少なくとも、現在どのような製品が販売されているかわかりますし、買い物を続けるなら探したいものがわかります。

2. この製品は自分のニーズに合っているか

少数の商品に絞ったら、その商品の会社やショップの返品ポリシーなどを調べてみましょう(その商品を試した後に、返品できるかどうかがわかります)。

また、ショップや会社のWebサイトに掲載されている商品レビューを見たり、SNSをスクロールして、不満や苦情を残していないかどうかを確認しましょう(ただし、ネット上のレビューがすべて正当なものとは限らないことに注意してください)。

3.値段はいくらか

予算内に収めることも自分のニーズを満たすことの一部です。

さまざまなサイトやショップで価格を比較することも、もちろん大事ですが、自分が賄える金額を現実的に考えましょう。

派手な機能がいろいろあっても、そのすべてが必要とは限りません(どれも不要なことさえあります)。

4.サイズは適切か

特定のスペースに収める必要がある商品を購入する場合は、必ず寸法を測り、商品リストと照らし合わせましょう。写真では分かりにくいので、目測ではなく巻き尺を用意してください。

また、商品がどのように配送されるのかも確認しましょう。

例えば、ソファの場合、完全に組み立てられた状態で届くのか、それともバラバラの状態で届くのかですね。

完成品が搬入されるとき、ドアを通って室内に運び込めるサイズでしょうか?

配送トラックが家の前に停車する前に、確認しておきましょう。


Source: Consumer Reports

swiper-button-prev
swiper-button-next