連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ソロキャンがもっと捗る!? アクセサリーも充実の広々ハンモックテントを使ってみた

machi-ya

author junior
  • カテゴリー:
  • TOOL
ソロキャンがもっと捗る!? アクセサリーも充実の広々ハンモックテントを使ってみた
Photo: junior

俺だけの空中秘密基地だぜ!

コンパクトに収納できる点やフラットで快適に寝転べることで人気のハンモックテント「Haven Tent」。現在は姉妹サイトmachi-yaで最新作の「Haven Tent XL CAMO」が好評キャンペーン中となっています。

筆者も気になっていた製品で実際にサンプルをお借りして使ってみましたが、ソロキャンプ熱が高まるテントでした。

前回は設営など基本的な部分をレポートしましたが、今回は新登場のアクセサリーなどご紹介できなかった部分を追加レポートしたいと思います!

人気シリーズの最新作

DSCF9906
Photo: junior

「Haven Tent XL」は空中設営ができるハンモックとテントをかけ合わせたような製品。

ほとんどのハンモックは底がフラットになりにくく、寝転んだ際には腰が沈んで長時間の利用だと腰を痛めることもあるそうですが、「Haven Tent」シリーズは底をフラットに保つ構造を採用することでその課題を解決しています。

F9907
Photo: junior

今回キャンペーン中の本製品はフライがカモフラージュ柄なのが特長。

近くで撮影しているので存在感はしっかりありますが、遠目にみればかなり風景に溶け込めそうですね。ミリタリー系はお好きな方も多いと思いますし、筆者的にも好きなデザインでした。

雨

フライは十分に撥水加工されており、ペットボトルから水をかけてもしっかりと水滴を弾いてくれました。

台風のような天気までは難しいと思いますが、多少の雨風には問題なさそうですよ。

アクセサリーで快適便利に

DSCF9936
Photo: junior

今回「Haven Tent XL」をより便利に活用できるアクセサリー類も新登場しているので、あわせてサンプルをお借りしました。

まずはこちらの残念なシーンをご覧ください。

せっかくハンモックテントを楽しもうと思ってもキャンプサイトに適切な間隔の木が無い、ということは考えられます。

1628095791962
Image: NaFro

そんな場合には、設営距離を伸ばす延長コード「Whoopie Slings」が活躍。テント本体とストラップの間に使用することで、

DSCF9930
Photo: junior

メーカー仕様によると、付属ストラップ時と比べて2倍の間隔での設営も可能になるとのことで、より幅広いシーンで使いたい場合にはあると頼もしいオプションです。

なお、写真のように延長ケーブルで張る場合、テントに乗り込んだ際に沈む量も増えるため、地面に着かないような高さ調整が必要です。

DSCF9896
Photo: junior

付属のエアマットの準備を楽にしてくれる「POWER PUMP」も登場。

アダプターはこのマット以外にも対応できるよう合計4つ付属していたので、形状さえ合えば他社製のエアマットやビニールプールなどにも使えるとのこと。

DSCF9899
Photo: junior

専用エアマットも約30秒ほどで空気入れが完了。

「POWER PUMP」無しの場合でも空気入れを兼ねた収納袋で5分もあれば注入できますが、夏場など暑い時期にはさっと済ませて他の作業をした方が捗りますよね。

ちなみにバッテリー容量は3600mAhありモバイルバッテリーとしても使えるので、いざという時のスマホ充電も可能です。

122
Image: NaFro

今回サンプルをお借りすることはできませんでしたが、ちょっとリッチな気分にもしてくれるロープ状のLEDランタン「Ridge Light」もラインナップにありました。

お手持ちのモバイルバッテリーや前述の「Power Pump」で点灯可能だそうですよ。

アレンジ設営も楽しめる

DSCF9942
Photo: junior

「Haven Tent XL」は、フライの張り方などで自由にアレンジを楽しめるのも特長。

例えばポールを別途用意することで、フライを跳ね上げて前室を作ることもできました。

DSCF9945
Photo: junior

ハンモック利用だと林間や山間の野営地など利用できるスペースが限られてしまいますが、トレッキングポール等を用いて地上設営もできるのが「Haven Tent」のいいところ。

ソロテントとしてなら、筆者は地上スタイルで利用することが多くなりそうです。

DSCF9947
Photo: junior

気になるテントのサイズ感ですが、身長176cmの成人男性が寝転んでも左右にゆとりがあり窮屈さはあまり感じなさそうな空間設計。

マットに厚みがあるため、地上設営でも地面のゴツゴツはあまり気にならず寝心地もGOODなのが嬉しいポイントでした。


フルフラット式のハンモックテント最新作「Haven Tent XL CAMO」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得な先行販売キャンペーン中。執筆時点では22%オフの52,244円(送料・税込)からオーダー可能でした。

気になる方は以下のリンクから、詳細をチェックしてみてくださいね。

Photo: junior

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next