連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneで撮影した写真から位置情報を削除する方法

author Pranay Parab - Lifehacker US[原文]/訳:的野裕子
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneで撮影した写真から位置情報を削除する方法
Image: Shutterstock

iPhoneで写真を撮る度に、撮影場所が写真と一緒に保存されています。

ジオタグと呼ばれるこの機能は、写真を撮影地で検索できるので便利です。ただ、撮影地の情報を教えずに写真を共有したい時は不便です。

うれしいことに、ほとんどのSNSは、アップロードする前に写真の撮影地の情報を削除します。

メッセージアプリやクラウドサービス、ファイル共有サービス(AirDrop含む)など、撮影地の情報を削除しないサービスや方法で写真を共有する前に、自分で撮影地を削除しておくのもいいでしょう。

今回は簡単に写真の撮影地を削除する方法をご紹介します。

共有する前に写真の撮影地を削除する方法

位置情報の設定

iPhoneで「写真」アプリを開き、共有したい写真を選びます。左下の角にある共有アイコンをタップし、iPhoneの共有シートを開いてください。

共有シートの上部(何枚の写真を選択しているかが書いてあるところ)の下にある、「オプション」をタップします。オプションの画面で、「含める」の下の「すべての写真データ」のスライダーをオフにしましょう。

このスライダーが緑色の場合は、撮影地の位置情報が含まれます。スライダーがグレーであれば含まれません。「完了」をタップし、変更を保存して、写真を共有します。

iPhoneのすべての写真のジオタグを無効にする方法

位置情報の設定

写真を共有する前に位置情報を削除するには、ほんの数秒かかるだけですが、この数秒すらかけず、最初からiPhoneの写真にジオタグを付けないこともできます。

そこまでするのが面倒な場合は、写真を撮る時に簡単に位置情報を記録しないこともできます。

ただし、ジオタグを無効にした場合、iPhoneの写真を撮影地で検索できません。

都市名や国名を入れて写真を検索しても、何も結果が出なくなります。利点は、写真を共有した時にうっかり位置情報も晒す心配をしなくてすむことです。

ほとんどの人にとって、正確な位置情報のジオタグを無効にするのは良い選択でしょう。それでも写真を撮影した大体の場所はわかりますが、正確な撮影場所がわからないくらい範囲が広いです。

ジオタグを完全に無効にするには、iPhoneの「設定 > プライバシー > 位置情報サービス > カメラ」で「なし」を選びます。

iPhoneのカメラに、写真を撮影した正確な位置情報を記録しないようにするには、上記と同じ設定ページ(「設定 > プライバシー > 位置情報サービス > カメラ」)で、「なし」以外のものをチェックし、「正確な位置情報」のスライダーをオフにします。

swiper-button-prev
swiper-button-next