連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

「怒りや不安」に心を支配されない方法

author Rachel Fairbank - Lifehacker US[原文](訳:ガリレオ)
「怒りや不安」に心を支配されない方法
Image: Getty Images

困難に直面すると、私たちはついデフォルトで、あるひとつの「支配的な感情」を抱いてしまいがちです。たとえ、ほかの感情を抱くほうが論理的であったとしても

1つの感情に支配されていませんか?

もしかすると、あなたのデフォルトの感情は「不安」かもしれません。

その場合は、ストレスにさらされると、怒りや悲しみ、イライラといった感情よりも、不安を抱いてしまいます

それこそがあなたの「支配的な感情」のスタイルだと指摘するのは、『The Healthy Mind Toolkit(「健康な心」のツールキット)』の著者であるAlice Boyes博士です。

博士は先日、「Psychology Today」に寄稿した記事の中でこう説明しています。

支配的な感情とは、その人がストレスにさらされたときに抱く感情です。

多くの場合、そのときの状況に対する解釈や反応のしかたと密接に関係しています。

たとえば、先ほどの「不安」の例で言うと、あなたがとる反応の原因は、そうした状況が起きたことを自分のせいだと考えてしまう傾向にあるのかもしれません。

支配的な感情が「怒り」である場合はどうでしょう?

その原因は、ほかの誰かが自分を傷つけようとしていると思い込む気質にあるのかもしれません。

いろいろな感情を抱くことの大切さ

支配的な感情をデフォルトで抱くのは、自分がその感情のことを知っていて、その感情が、いちばんなじみ深いからです。

けれども大切なのは、「いろいろな感情を抱くことができる自分」でいること。

なぜなら多くの場合、それこそが、より健康的で幸せな人生を送るためのカギをにぎっているからです。

感情に関するひとつの考え方に、「いろいろな感情のひとつひとつが、バランスのとれた生態系の一部である」というものがあります。

ひとつの生態系の中には、実にさまざまな構成要素があり、そのすべてが健全な生態系にとって重要です。

そして、あるひとつの感情が大きな支配力を持ち、このバランスが乱れると、生態系全体の健全さもバランスを失ってしまいます

さまざまな研究が示しているように、一般的に心身ともに健康状態がいいと言えるのは、幅広い感情を抱く人たちです。

うつ病の発症率が低いのも、そうした人たちです。

理由のひとつとして、いろいろな感情が入り混じることで(たとえそれらがネガティブなものであっても)、何かひとつの感情が、その人の心を完全に支配してしまう状況になりにくいということが考えられます。

支配的な感情を抑える2つの方法

ひとつの感情を強く抱きすぎていると、疲れてしまいますよね。そのせいで、燃え尽きてしまうことさえあります。Boyes博士によれば、支配的な感情から一歩離れるための方法は2つあるそうです

ひとつは、そのときの状況に対して、違う解釈がないかどうか、じっくり考えてみるという方法。Boyes博士にとって、支配的な感情は「不安」です。

そのため、何かあると、いつも自分を責めてしまいます。

けれども、落ち着いて状況を整理し、こうなった理由がほかにないかじっくり考えてみると、不安とは違う別の感情が浮かび上がってくると、Boyes博士は述べていますよ。

もうひとつは、現状では支配的な感情にかき消されてしまっている「息をひそめている感情」に、注意を向けるという方法です。

「そこに注意を向けると、小さな感情が、意識の表面にどんどん浮かび上がってきます」と、Boyes博士は書いています

こうした別の感情のおかげで、バランスのとれた見方ができるようになり、抱えている問題の新たな解決策を思いつくこともあるそうです。

このように、支配的な感情を抑えれば、さまざまなプラスの効果が得られるとBoyes博士は言っています。たとえば、安心感を味わえます。

創造力を高められ、問題解決のための新しい方法を見つけられますね。

やる気が高まり、そうでなければきっと思いつかなかった、別のアプローチを試してみようという気になります。

支配的な感情」以外のさまざまな思いを感じることについて、Boyes博士はこんなふうに言っていました。

そのせいで落ち着かない気持ちになったり、おそらくは少し混乱して途方に暮れたりするかもしれませんが、それでもいいのです。

動揺しながらでも、きっとそこからいい効果が得られるはずです。


Source: The Healthy Mind Toolkit, Psychology Today(1,2,3), The CUT, Quoidbach et al

swiper-button-prev
swiper-button-next