連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

転職活動で結果が出ないときの対処法8つ

author Sarah Showfety[原文]/訳:的野裕子
転職活動で結果が出ないときの対処法8つ
Image: Getty Images

仕事探しはストレスで不安が募るものですよね、わかります。

上司に見つからないように仕事探しをしつつ、毎日そんなことをしながら、失業手当がどれくらいもつか思い悩むのは、なかなか緊迫した状況です。

今回は、仕事探しの途中で精神的に落ちてしまった場合の対処法をご紹介します。

1. 最初に求人検索の整理をする

不安や参ってしまいそうな気持ちをコントロールする一番の方法は、求人検索の効率化も含め、変動要素をうまく管理することです。

これまでに応募した求人の情報をフォルダに保存します(人事から面接の連絡があった時にリストを参照できます)。

履歴書を印刷して、バージョンごとに分類しておけば、混同することもありません。

応募した求人の会社名、応募した日、連絡先、その他の情報を一覧にしたスプレッドシートを正確に作成しておけば、今後の自分のためになります

2. 仕事探しのスケジュールを作成する

現在、雇用されている状態であれば、毎日仕事探しをする時間を決めましょう。

無職の状態であれば、求人内容を読む、求人に応募する、人脈やネットワークつくるのにどれくらい時間をかけるか、具体的な時間を決め、1日のスケジュールを作成します(内向的な人へ:ネットワークづくりは人とのつながりをつくることです。メール、DM、電話するなどすべてカウントされます)。

3. 具体的で測定可能な目標を設定する

不安を感じた時は、測定可能な期限や時間を設けた目標を設定すると、自分がコントロールしているという感覚が取り戻せます。

例えば、「火曜日に6つの求人に応募する」「LinkedInのプロフィールの更新を午後4時までに終わらせる」「昼までに推薦者になってくれそうな3人に連絡する」などです。

DoToリストの項目を消すと自尊心が上がるので、これはなかなか侮れません。

4. 仕事探しに疲れたら少し休む

就職活動で結果が出てない時や、本当にやりたい仕事が見つからない時は特に、仕事探しに固執してしまいがちですが、きちんと休息をして、人生はとりとめもない空想ではないということを思い出してください。

1日1回トイレのために就活から離れるのではなく、タイマーをセットして強制的に席を立ち、人と接して、新鮮な空気を吸うようにしましょう。

5. 生産的だと感じられる別の方法を探す

仕事探しの成果が思わしくないと、進歩がないように感じます。

そんな時は別のちょっとした仕事をやると、生産的だと感じられるようになります(ここで大事なのは「ちょっとした仕事」です。家中の壁を塗り直すのではなく、クローゼットや引き出しの中を整理するというようなことです)。

6. セルフケアを怠らない

1日中スパで過ごす必要はありませんが、目標に向かって必死になっている時は、朝食を食べるとか、水を飲む、運動をするというような、基本的なことを忘れてしまいがちです。

日々のスケジュールの中で、体を心をケアする時間を取りましょう。

7. すぐに結果が出ないのが普通

次の言葉を復唱してください。「一晩で仕事が見つからなくても、それでいい」。

実際、業界によっては、次の仕事が見つかるまで、最長で5ヶ月かかることがあります。

ですから、6週間経っても焦らず、6カ月以内であればまだ平均の範囲内だと思いましょう。

8. 仕事探しの小さな成功を喜ぶ

新しい自分のWebサイトを完成させたり、ポートフォリオを更新したり、怖かった仕事に応募したりしたら(そして顔をしかめたくなるような余計な質問をされたら)、映画を観に行ったり、お酒を飲んだり、目をつけていた新しい靴を買ったりして、自分にご褒美をあげましょう。

うれしい、楽しい気分で心のタンクを満たしたら、前に進むモチベーションを保つことができます。

仕事探しに合った精神的サポートを受ける

仕事探しに行き詰まりを感じたら、そのことを誰かに話しましょう(実際は、そうなる前に誰かに話すのがベストですが、時に人生はダメージコントロールみたいなものです)。

友だちや学生時代の同級生に連絡したり、スルーしていたチャットアプリに返事をしたりしてみましょう。

その人たちがコネクションになったり、意外な仕事を紹介してくれたり、共感してくれたりすることもあります(悩みを吐き出したり、話を聞いてもらえたら、苦しんでるのは自分だけじゃないと気が楽になりますよね?)。

さらに必要であれば、キャリア・コーチやセラピストに見てもらってもいいでしょう。

ポジティブな変化の途中だということを忘れないで

仕事探しの辛い一面に注目してしまいがちですが、自分は今新しい人生や素晴らしい可能性の入り口にいるのだということを忘れないでください。不安や心配は、新しい可能性でもあるのだと頭を切り替えてみてください。

変化による不確かさが好きではないかもしれませんが、今まさに新しい人に出会い、スキルを伸ばそうとしているところで、新しいチャレンジを乗り越えることで、将来より自信を持ち、市場価値を高めることができます。

そんな風に考えたら、かなりワクワクすると思います。

とにかく、昔の仕事のことなんかどうでもいいです。新しく見つける仕事の方がもっと良いはずです。立ち上がって、ストレッチをしましょう。

外に出て、サッカーの試合や絵を描くワークショップに出かけましょう。それがすべて明日につながります。


Source: Flexjob

swiper-button-prev
swiper-button-next