連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

銀行口座に貯金しておきたい金額の目安とは?

author Mike Winters - Lifehacker US[原文](訳:的野裕子)
銀行口座に貯金しておきたい金額の目安とは?
Image: Getty Images

銀行口座に預金があるのは大事なことですが、手元に現金を持ちすぎている可能性もあります。

預金の一部を、より利率の高いところに投資することもできます。

しかし、現金はどれくらい手元に残しておくべきなのでしょう? どれくらいだと多すぎる、もしくは少なすぎるのでしょうか?

今回は、金融アドバイザーの一般的なおすすめを見ていきましょう。

普段使う口座に入れておいた方がいい金額

毎日の支出やクレジットカードで発生する定期的な支払いなど、日常的な支出に使う銀行口座には、少なくとも1カ月の支出に十分な現金を、入れておきましょう。

合計金額がわからない場合は、収支を計算した予算を作成する必要があります(予算の作成について詳しく知りたい場合は、米Lifehackerのこちらの記事をどうぞ)。

3〜6カ月分の現金は残しておく

緊急用の資金として、普通預金口座に現金を入れておくのが理想的です。

ほとんどの金融アドバイザーは(誰に聞くかによって変わってくると思いますが)、毎月の支出の3〜6カ月分を緊急用の資金として取っておくことを勧めています。

もちろん、普通預金口座は緊急用の資金にしか使えないわけではありません。住宅購入の頭金や、旅行の費用など、比較的短期的な預金も入れておいていいでしょう。

余剰資金の運用を考える

日々の支出や緊急用の資金がカバーできるだけの経済的な余裕ができたら、余剰資金の投資について考えましょう。投資は貯金とは違い、長年の間に価値が上がりそうな株式や不動産を購入することで、お金を増やそうとするものです。

貯金とは違って、投資にはある程度リスクが伴いますが、リターンもそれだけ大きくなる可能性があります。

インフレ調整後、 S&P 500指数の株式は平均でおよそ年7%、不動産は年8.6〜10%の収益が得られました。これは普通預金口座の年利よりも圧倒的にいい数字です。

Source: SOFI, Betterment, Investopedia

swiper-button-prev
swiper-button-next