連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

アタッシュケース型の卓上ミニグリルは、ソロキャンプやツーリングで大活躍しそうだ

roomie

author Qurumu
  • カテゴリー:
  • TOOL
アタッシュケース型の卓上ミニグリルは、ソロキャンプやツーリングで大活躍しそうだ

ROOMIEより転載

昨今のソロキャンプブームで、さまざまなソロ用ギアが発売されていますよね。

その中でも多くのメーカーから登場し、注目されているのがソロキャンプに最適なコンパクトサイズのバーベキューグリルです。

そこで今回は、持ち運びに便利なアタッシュケース型の卓上ミニグリルをご紹介します。

1人用の食材を焼いたりおつまみを炙ったりするのにピッタリ

グリル2
Image: Amazon.co.jp

LOGOS(ロゴス)の「グリルアタッシュmini 81060970」は、その名の通り、アタッシュケースを開くとグリルになる、スタイリッシュなデザインの卓上ミニグリル。

収納時のサイズは、幅19.1×奥行15.4×高さ6.9cmで、重量は780gとカバンに入りやすい大きさ。バイクや自転車のツーリングにも持っていきやすそうです。

グリル3
Image: Amazon.co.jp

焼き網のサイズは幅16.5×奥行11.4cmなので、1人用の食材を焼いたりおつまみを炙ったりするのにピッタリのアイテムですね。

セット方法は中に収納されたパーツを重ねるだけ

グリル4
Image: Amazon.co.jp

グリルアタッシュmini 81060970」のセット方法は、とっても簡単です。

ケースを開いて、中に収納されたパーツを重ねるだけなので、誰でもあっという間に組立てられます。撤収も同様で、パーツを取り外してケースの中にしまうだけなんです。

グリル5
Image: Amazon.co.jp

グリルアタッシュmini 81060970」で使用できる燃料は、炭か固形燃料の2種類。

おすすめは、マッチやライターで簡単に着火する「エコココロゴス・ミニラウンドストーブ」(別売)。ピッタリ2個収まるサイズなので、セットで使えば面倒な火おこしの必要がなく、すぐにバーベキューを始められます。

火床は四方がしっかり囲われているので、本体に熱が伝わりにくく、汚れの付着も軽減してくれるという点もポイントが高いですね。

電車や徒歩での移動でも持ち運びやしやすそう

グリル6
Image: Amazon.co.jp

グリルアタッシュmini 81060970」のケースには、持ち手とロックがついているので、電車や徒歩での移動時も持ち運びしやすそう。キャンプだけでなく、色々なシーンで手軽にバーベキューが楽しめそうです。

Amazonのレビューでも、「コンパクトで常に持ち運びたくなる」や「アウトドアな最適な大きさで、重宝してます」といった声が上がっていました。

コンパクトサイズのバーベキューグリルをお探しの方は、「グリルアタッシュmini 81060970」を候補に入れてみてください。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image/Source: Amazon.co.jp

swiper-button-prev
swiper-button-next