連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

パフォーマンスを向上させる、ジェフ・ベゾスの「ライティングの掟」

author Inc. /訳:ぬえよしこ
パフォーマンスを向上させる、ジェフ・ベゾスの「ライティングの掟」
Image: Shutterstock

ジェフ・ベゾスは、何年か前にAmazonで面白いことをはじめました。

新製品やアイデアについてのミーティングの前に、ベゾスは、経営幹部に物語のような構成の6ページのメモを書くように指示したのです。

幹部の中にはそれを数時間で仕上げようとする人もいましたが、ベゾスによると、最高のメモは最低でも1週間はかかったそうです。

優れたメモは何度も書き直された。改善のために同僚に共有して意見を聞き、数日、間を置いてから新鮮な視点で修正して完成したものだ。

ベゾスは以前こう語っています

そして、ミーティングの時間になると、ベゾスと彼のチームは最初の20分間は静かに座ってメモを読んだり、メモったり、話し合いの準備をしたりしました。メモが優れているほど、その後の話し合いの質が高くなりました。

これは、重要な教えに満ちたAmazonの多くの慣行の1つに過ぎませんが、思考とコミュニケーションの方法を変える可能性を持っています。

私はこれを「ライティングの掟」と呼びたいと思います。この掟はシンプルです。

自分の考えをはっきりさせたり、重要なことを覚えたり、明確にコミュニケーションを取りたい場合は書き留める。

では、この方法のメリットを1つずつ分析して、この掟をうまく活用する方法を見ていきましょう。

考えをはっきりさせる

次のような経験をしたことはあるでしょうか。

同僚にある質問をします。でも、なんだか相手にはうまく伝わっていないようです。

あなたはなんとか説明しようとするのですが、うまく言い表すことができず、結局自分でもその質問をしっかり考えていなかったことに気づきます。

著者にも何度か経験があります。そこで実際に相手に質問する前に、それを書き出すようにしました。そうすると面白いことに、次のどれかが起こります。

•思っていたのとまったく違う質問をするべきだと気づく

•質問をする必要がなくなる

•自分でその質問への答えを出した

こうなるのにはシンプルな理由があります。明確に書くことは明確な思考につながり、その逆もしかりだからです。

理解、記憶、応用力が向上する

経験豊かなコピーライターは、優れたコピーの書きかたを学ぶ最善の方法の1つは優秀なコピーライターの文章を書き写すことであると知っています。

これは、他人のベストプラクティスを借りながら、独自のスタイルを生み出すのに役立ちます。

これがうまく機能するのは、人は何かを書くときには速度を落として考えなければならないからです。

そうすることで、書いた内容を落とし込んで、同時に自分のスキルを向上することもできます。

コミュニケーションの向上

私が質問を書き出そうとするとき、時には自分でもわかっていないことがあります。

でも、書き出すことによって明確に考えられるようになるだけではなく、相手がどのような質問をしてくるかを予測することもできるようになりました。

また、自分が書いたものから離れ、少し時間をおいてからまたそれを見てみることにもメリットがあります。

ベゾスが述べたように、そうすることによって「新鮮な視点で」編集したり修正できるようになり、コミュニケーションをずっと明確にすることができるのです。

こうして、自分の考えを他人と共有する準備ができたら、質の高いディスカッションの準備が整い、それ以後の仕事がぐっと向上します。

ですから、学びたいとき、理解したいとき、記憶したいとき、応用したいとき、コミュニケーションを取りたいとき、またはチームの集合知を活用したいときには、ジェフ・ベゾスの「ライティングの掟」に従ってみてください。

きっとあなたにも、ほかの人にも役立つでしょう。

Source: SEC

Originally published by Inc. [原文], Copyright © [2021] Mansueto Ventures LLC.

swiper-button-prev
swiper-button-next