連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

難しいマスクの色とサイズ選び。最新AIでバーチャル試着ができるサービス【今日のライフハックツール】

author 文:中川真知子
  • カテゴリー:
  • TOOL
難しいマスクの色とサイズ選び。最新AIでバーチャル試着ができるサービス【今日のライフハックツール】
Image: Try FIT on!

生活必需品となったマスク

機能だけでなく、ファッション性を求めてカラーマスクや装飾付きのマスクを購入した方もいると思います。

しかし、着けてみたあとに想像と違って愕然としたことはありませんか?

マスクは試着が難しいので、失敗しがちなんですよね…。

そこで誕生したのが、バーチャル試着ができる世界初のサービス『Try FIT on!

We'llのマスクを購入する前に、サイズ、カラー、マスクタイプ全228種類ウェブ上で試すことができるんです。

使い方はとってもシンプル。

顔の写真と、半分に折り畳んだ千円札を横並びにして撮影した横顔写真の2枚を準備するだけ。

というわけで、実際に使ってみました。

フィット具合をパーセンテージで確認

We’llのマスクは4サイズ展開

Try FIT on!』は最新AIシステムを使って、マスクがどれくらい顔にフィットしているのかをパーセンテージで診断してくれます。

Untitledpresentation(1)
Screenshot:中川真知子 via Try FIT on!

左側はSサイズでフィット感は108%、右側はMサイズでフィット感は118%と表示されています。

透過機能を使うとマスクが透け、輪郭を見ながら小顔効果が得られるサイズを選択することができるのですが、非常に見苦しい写真になっていたので自重します。

とはいえ、透過機能を使わずとも、Sサイズのほうがフェイスラインがシュッとしているように見えます。

次にカラーを見てみましょう。

Untitledpresentation(2)
Screenshot:中川真知子 via Try FIT on!

筆者が手に取ってしまいがちな黒は、表情を暗く見せてしまっているようです。

一方で、「無難すぎてつまらないかも」と避けがちだった白は、コンプレックである目の下のクマを目立たせない効果があるような気がします。ベージュは肌の色がくすんで見えています。

普段見えない横顔もチェック

次に横からの見え方とフィット感です。

Untitledpresentation(3)
Screenshot:中川真知子 via Try FIT on!

折り畳んだ千円札とのコントラストがシュールですが、この角度で確認することで、普段自分では確認できないマスク姿の横顔を見ることができます。

マスク美人を目指すなら、マスクのフィット感だけでなく、髪型にも気を配る必要があると感じました。

いろいろと試したところで、右上に「FIT」というタブを発見。こちらをタップしてみると、自分のベストサイズが表示されていました。

Untitledpresentation(4)
Screenshot:中川真知子 via Try FIT on!

どうやら、筆者のベストサイズはXSだった様子。XSはフィット感100%を下回っていたので避けるべきかと思っていたのですが、許容範囲でした。

これは意外すぎる結果でした。普段Mサイズを手に取っていたので、ウレタンマスクはいつもブカブカ。根本的にサイズ選びを間違っていたようです。

この診断結果を考慮した上で、We'llのマスクを不織布マスクの上に着ける場合など、シチュエーションでサイズを変えてもいいかもしれません。

パーソナルカラーと装着感を確認できる『Try FIT on!』は無料で利用できます。マスク選びに悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

Source: Try FIT on!, We'll

swiper-button-prev
swiper-button-next