連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

イーロン・マスクも実践。起業家に必要な「リスクマネジメント力」

author Inc./訳:春野ユリ
イーロン・マスクも実践。起業家に必要な「リスクマネジメント力」
Image: Shutterstock

起業家を一言で表すと?」と多くの人に尋ねると、「リスクテイカー(リスクを取る人)」という言葉をよく耳にします。

ほとんどの起業家は生来のギャンブラーであり、夢を実現するためにかなりのリスクを背負うことが多いという認識です。さらに多くの企業家は恐らく平均以上のリスク許容度を持っていると思われますが、多くの起業家は野放図なリスクテイカーではなく、実際にはリスクマネージャー(リスクを管理する人)です。

では、リスクテイカーとリスクマネージャーはどう違うのでしょうか。

リスクテイカーとリスクマネージャーの違い

リスクテイカーとは、成功するかどうかわからない危険な賭けをする人のことです。大金を手にする可能性があるなら、どんなリスクもいといません。これは、ルーレットで1つの数字にすべてのチップを賭けて、運試しをするのと同じです。

一方、リスクマネージャーは、自分が取ろうとしているリスクについて非常に熟考します。また、どのような結果に関しても、起こりうるマイナス面を最小限に抑えるためにあらゆる努力を惜しみません。

ポーカーテーブルでは、起業家がプレイヤーの動きやチップの流れを読んで追加情報を得て、賭けのリスクを軽減している姿を見かけるはずです。彼らは、チップをすべて賭ける前に、自分の手中にあるカードとテーブルの上のカードを見て勝率を把握します。

起業家は一見、無謀なリスクを冒しているように見えるかもしれませんが、多くは自分の決断を非常に分析しています。

その性質上、決断を下すときは潜在的なプラス面とマイナス面のバランスを理解するように熟慮します。

そのため、傍から見ると大きなリスクを負っているように見えるかもしれませんが、世間が思うほど無謀なリスクではありません。

イーロン・マスクの事例

イーロン・マスクとテスラの例を見てみましょう。マスクが電気自動車(EV)の製造を軸とする会社を設立することに決めたとき、多くの人には無謀なリスクに見えました。

しかし、マスクにとって、それは計算されたリスクでした。たとえば、彼はEVを作るために必要なテクノロジーがすべて既に存在していることを知っていました。

バッテリー、ACドライブ、車輪、車体、電子機器はすべて入手可能でした。そういうものを自分で開発するリスクを負う必要が無かったのです。

率直に言って、オリジナルの車両の残りの部分はすべて既知の技術であり、リスクは限られていました

管理されたリスクが関与するのは、EV販売のコスト構造を理解する際でした。マスクは、初期の車両は、製造費が請求できる金額以上になることを知っていました。

その状態は、彼が「規模の経済」を達成し、コストを削減するのに十分なだけ量産できるようになるまで続きました。

このコンセプトは、製造業の企業によって何十年にもわたって十分に証明されており、ムーアの法則によっても確認されています。マスクは、初期のEVは消費者の購買欲をそれほど刺激しないこともわかっていました。

そこで彼は、損が出ても車を販売して、EV市場の創出を支援し、学習曲線が収益につながるようにしました。

一部の人には愚かに見えたかもしれませんが、これは計算されたリスクです。深く掘り下げると、マスクにとってそれほど危険ではなかったことがわかります。

すべてのリスク要素が1つひとつ検討され管理されており、それぞれが可能であるという十分な証拠がした。

結局、彼は既にPayPal という1つの成功したビジネスを始めて、それを売却していました。

だから、テスラが失敗して多額の損失を出したとしても、着地するのに十分なクッションがあるため、人生を台無しにすることにはならないとわかっていたのです。

マスクがスペースXを立ち上げたときも同様で、それに関連するリスクに疑問を呈する人たちがいました。このときも、マスクはしっかり計算して、既存のテクノロジーを投入して宇宙にロケットを打ち上げることで得られるプラス面が、失敗したときのマイナス面をはるかに超えることを理解していました。

一番のプラス面は、人類に対して再び宇宙が開かれるビジネスをしていたことです。

いたずらに心配せず現実的にリスクを管理する

私は以前、Dale Carnegie氏の名言について書いたことがあります。

その名言とは、「困難な決断に直面したら、マイナス面を受け入れることを学びながら、プラス面を最大化する方法を理解する必要がある」というもの。

プラスの要素とマイナスの要素の両方が調和するソリューションに到達できたら、それを採用しましょう。誰もが、起業家を見習い、いたずらに心配することをやめて現実的にリスクを管理しなければなりません。

起業家の思考回路を取り入れたいなら、あらゆる決定を起業家と同じレンズを通して見ることです。結果に確信が持てないときは、無謀な行動は慎みましょう。

むしろ、計算して、1つひとつのリスク要素を管理して、すばらしい成果を出す方法を理解すると同時に、すべてが破たんしても何とかする方法も理解しましょう。

そうすれば、リスクテイカーからリスクマネージャーへと進化することができるのです。

Source: wikipedia, amazon

Originally published by Inc. [原文]Copyright © 2021 Mansueto Ventures LLC.

swiper-button-prev
swiper-button-next