連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOSやWindowsのベータ版をインストールする際に注意すべきこと

author Jake Peterson - Lifehacker US[原文]/訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
iOSやWindowsのベータ版をインストールする際に注意すべきこと
Image: Getty Images

ベータ版をデバイスにインストールすると、新しい機能や変更にアクセスできるようになります。

Apple、Google、Microsoftをはじめとするほとんどのテクノロジーの企業は、ユーザーが必要に応じて参加できるオープンベータ版を提供しています。

しかし、ベータ版を自分のスマホやノートパソコン、タブレットにインストールすることは、決してリスクがないわけではありません。実際、ベータ版をインストールすると、すべてのデータを失うことになるかもしれません。

ベータ版は何のために存在するのか?

ベータ版プログラムの目的は、大きく分けて2つあり、ソフトウェアの種類によります。最も一般的な目的は、未完成のプログラムにバグやその他の不安定なところがないかテストすることです。

テスト対象のソフトウェアがAndroidやiOSなどのOSの場合、ベータテストは、アプリ開発者にその新しいソフトウェアのことを学び、そのソフトウェアを使って自分のアプリをテストする機会も提供します。

ベータ版は、その性質上、不安定です。ベータ版ソフトウェアを制作する会社は、ソフトウェアがスムーズに動作することを期待していません。むしろ、その逆で、そのソフトウェアのどこが問題なのかを知ることで、正式リリース前に問題を修正したいと思っています。

そのため、ベータ版をダウンロードしてデバイスにインストールすると、未完成で不安定なソフトウェアを使用することを選択することになります。

日々のパフォーマンスやアプリケーションの互換性、さらにはデバイスの使用にまで影響を与えるバグが発生するリスクを想定しておかなければなりません。

ベータ版にバグが多くてもアンインストールできないのか

できることはできますが、簡単ではありません。ベータ版のOSをデバイスからアンインストールして、最新の正式版にダウングレードするには、2つのことをする必要があります。

それは、ベータ版を削除することと、安定版のソフトウェアを新たにインストールすることです。

要するに、デバイス上のすべてのデータを犠牲にして、デバイスを完全に復元する必要があります(この点で、Apple Watchは例外です。watchOSベータ版をアンインストールできない理由については、こちらの記事をチェックしてみてください)。

ベータ版OSをアンインストールした後、データを復元できるか

まあ、悪いことばかりではありません。ベータ版をインストールする前にデータのバックアップを取っていれば、そのバックアップでデバイスを復元することができます。

ただし、ベータ版の実行中にバックアップを取った場合は、そのバックアップを復元することはできません。ダウングレードすると、異なるバージョンのソフトウェアがデバイス上で実行されることになるからです。

例えば、iPhoneでiOS 15のベータ版を実行しているとします。ベータ版のプロファイルを削除して、iPhoneをiOS 14.7に復元します。iOS 14.7上で作成したiPhoneのバックアップがあれば、そのバックアップに戻ることができ、ベータ版の実行中に蓄積されたデータを失うだけで済みます。

ただし、iOS 15ベータ版の実行中に最新のバックアップを作成した場合は、iOS 14.7の実行中にそのバックアップにアクセスすることはできません。

ただし、iCloudやGoogleなどのクラウドアカウントに関連付けられたデータは例外で、アカウントにサインインするとデバイスにデータが表示されます。

また、外付けハードドライブやクラウドドライブなどの外部ソースにバックアップしたファイルも表示されます。これらのサービス内のデータにはアクセスできますが、完全なデバイスのバックアップにはアクセスできません。

ベータ版をインストールする前に、データを保護する方法

ベータ版ソフトウェアをインストールするリスクを考慮する場合、データを安全に保つためのベストプラクティスがいくつかありますが、そのうちのいくつかはすでに説明しました。

  • ベータ版ソフトウェアをインストールする直前に、デバイスのバックアップを取ってください。
  • 利用可能な場合は、アカウントやクラウドサービスへのバックアップを選択してください。例えば、iCloudのMessageを使ってメッセージをApple IDに関連付けておいたり、メモやリマインダーをiCloudやGoogleなどのアカウントに関連付けておきましょう。ここで肝心なことは、重要な情報を自分のデバイスだけに保存しないようにすることです。
  • その他の重要な情報は、外部ソースにバックアップしましょう。iCloud、Google Drive、OneDriveなどのクラウドドライブを使って個々のファイルを保存してください。外付けハードドライブに保存しても同じ結果が得られます。

ベータ版をインストールする際にリスクにさらされないデータ

すべてのデータを細かく管理する必要はありません。サードパーティのアプリの多くは、データを特定のデバイスではなく、ユーザーのアカウントに関連付けて管理しています。その例をいくつか以下にご紹介します。

  • Instagramは、ユーザーの投稿やDMをすべてユーザーのアカウントに保存します。
  • Snapchatは、ユーザーの「思い出」をユーザーのアカウントに関連付けて保存します。
  • WhatsApp、Facebook Messenger、Telegramをはじめとするほとんどのメッセージングアプリは、チャットの履歴をユーザーのアカウントに保存します。

このようにデータが保存されていれば、ダウングレードした後にアプリを再びデバイスにインストールすると、すぐにデータが戻ってきます。

新しいデバイスからこれらのサービスにログインしても同じことが起こるので、例えば、スマホをワイプしてリセットしても、データが失われる心配はありません。

ベータテスターの皆さん、安全をお祈りしています!

swiper-button-prev
swiper-button-next