連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

なるほどシンプルな解決法。火起こしを手軽にしてくれる「Fire Guard」

machi-ya

author kotoha ozawa
  • カテゴリー:
  • TOOL
なるほどシンプルな解決法。火起こしを手軽にしてくれる「Fire Guard」
image:GLOW TRD

初心者でも熟練キャンパーのようにサッと火起こしできるかも?

キャンプやBBQでは焚き火や料理を楽しむにも、まずは火がないと始まりませんよね。とはいえ、燃料の種類や環境によってはなかなか火が点いてくれないこともあり、苦労した経験がある方も多いはず。

本日ご紹介する「Fire Guard」は、置くだけで着火を簡単にしてくれるアイテムなんだとか。キャンプ初心者や、スピーディーに着火をしたい方は要チェックです!

姉妹サイトmachi-yaでお得なキャンペーンを実施中とのことなので、早速詳細を確認していきましょう!

置くだけ簡単、あとはお任せ

fg_2
Image:GLOW TRD

火起こしした際に、安定するまではしばらく様子を見つつフォローが必要な時もありますよね。

その点、「Fire Guard」を使って種火さえ作ればすぐに上に薪を乗せてしまっても大丈夫なんだそう。

fg_6
Image:GLOW TRD

お手軽火起こしの秘密は製品の形状にあり、種火をフォローする空気の流れや空間が生み出せるから。

考えてみればシンプルなことですが、手慣れていないと薪や炭の組み方も上手くいかないので「Fire Guard」があるだけで火起こしハックができるのはいいかも!

fg_3
Image:GLOW TRD

薪だけでなく炭での使用も可能

ガバッと炭を乗せてしまっても、短い時間で炭火の準備もできるので、小さいお子さんのいるアウトドアシーンなどでもゆっくり落ち着いて火起こしできるのは助かりますね!

タフに使える素材とサイズ感

fg_7
Image:GLOW TRD

純粋な鉄に炭素などを足して強度を増したものを鋳鉄と呼ぶそうですが、そんな中でも特に硬さや耐摩耗性に優れているのが「Fire Guard」の素材にもなっているダクタイル鋳鉄

他の鋳鉄と比べて、ヒートショックにも強いんだとか。

fg_8
Image:GLOW TRD

大きさは24cm以下と、ほとんどの焚き火台やアウトドアグリルに余裕で収まるサイズ。

重さは800gなのでサイズからするとズッシリしていそうですが、いつものキャンプ道具に追加しても苦にならないかと思われます。

fg_5
Image:GLOW TRD

鋳鉄の独特な素材感も相まってワイルドなキャンプギアですが、「Fire Guard」には他にもこだわりがあるようです。

例えばトンガリ屋根部分は立体的な格子状で炎がキレイに分散して燃料に着火しやすくなるように設計されているそう。

fg_9
Image:GLOW TRD

100%鋳鉄製なため丈夫で長く使えるのですが、仮に不要になった場合にはまた溶かして鋳造することが可能

なかなか個人で鋳造し直すことはできませんが、もし破損してしまっても安易に捨てずにリサイクル業者さんなどに引き取ってもらえれば新たな鋳鉄製品に生まれ変わってくれますよ。


誰でも簡単に火起こしできる「Fire Guard」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では25%OFFの5,980円(送料・税込)からオーダー可能でした。

詳細については、下記のリンクからチェックしてみてくださいね!

>> 誰でも簡単に火がつけられる「Fire Guard」

Image: GLOW TRD

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next