連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

外でもヒンヤリが継続。“アイスコットン”採用の「クールニットTシャツ」を試してみた!

machi-ya

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
外でもヒンヤリが継続。“アイスコットン”採用の「クールニットTシャツ」を試してみた!
Photo: 山田洋路

容赦ない暑さはまだまだ続きます。エアコンが効いた環境から外に出ようものなら一瞬で汗だく。不快で体力消耗にもつながるこの事態を、なんとかできないものかと考えていました。

そんななか、machi-yaに“体感温度差-3℃を実現”するとのサマーニット Tシャツ「クールニットTシャツ」がプロジェクトを展開しているとのこと。さっそくサンプルをお借りして、効果のほどを確かめてみましたよ!

爽やかな4色展開

クールニットTシャツ(2)
Photo: 山田洋路

4色展開の「クールニットTシャツ」。ブラックホワイトグリーンブルーと爽やかなラインアップは視覚的にも清涼感を与えてくれます。

クールニットTシャツ(3)
Photo: 山田洋路

二枚のシャツを重ね着しているようなダブルレイヤーが襟と袖、裾に施してあり(ホワイトは襟と袖のみ)、パリッとした印象を与えてくれます。プライベートだけでなく、クールビズ向けも想定してのデザイン。たしかに涼しく過ごせるシャツが切実に欲しいと感じるのは、ビジネスシーンでしょう。

アイスコットンの「接触冷感効果」で継続した涼しさ

1626995911439
Image: ikedama0

ところで、体感温度が低く保てる秘密は、生地に採用されている“アイスコットン”にあります。この生地、肌表面やその周辺の余分な水分を吸湿して蒸発。このときの放熱によって、まるで“冷蔵庫から出したばかり”のような「接触冷感効果」が得られるようです。着た瞬間だけじゃなく、ヒンヤリ感が継続するのが「クールニットTシャツ」の秀逸な点といえます。

接触冷感効果を体験してみた!

クールニットTシャツ(6)
Photo: 山田洋路

実際に着てみると、たしかにヒンヤリ感が…。着るまでは、エアコンがキンキンの環境で低体温にならないかが不安でしたが、氷を肌に当てたような極端な効果はないので、エアコンで冷える人も普通に着られると感じました。

クールニットTシャツ-1
Photo: 山田洋路

継続的に着ていると、エアコンの風が当たったときなんかに接触冷感を覚えます。

シャツを羽織っても効果は得られましたので、ビジネスカジュアルで襟付きが求められる職場でもインナーとして活用できそうです。

アウトドアで真の効果を発揮

クールニットTシャツ(7)
Photo: 山田洋路

接触冷感効果の真のありがたみを感じるのは屋外でしょう。「クールニットTシャツ」を着て炎天下に繰り出してみると、じわっと汗をかいたときほど風が熱を奪っていく感覚があり、仕事の移動やアウトドアのアクテビティを快適にしてくれる予感。外に出る機会がある日には、「クールニットTシャツ」で暑さ対策したいところです。


アイスコットンによる接触冷感効果が心地よい「クールニットTシャツ」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では、超早割30%OFFのコースが選択できて5,000円(消費税・送料込み)からオーダー可能となっていました!また2枚セットなら34%OFFの9,430円(消費税・送料込み)とよりお得。

プロダクトの詳細は、以下のWebサイトでチェックしてみてください!

>>接触冷感!仕事も遊びもこれ1枚!"クールビズ" サマーニット

Image: ikedama0

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next