連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

自然と創造性の深い関係

「一輪挿し」でも得られる自然の恩恵。大切なのは自分の心地よさ

author 取材・文/中村真紀
「一輪挿し」でも得られる自然の恩恵。大切なのは自分の心地よさ
Image: GettyImages

私たち人間は、もともと自然の中で暮らし、生活してきました。都市化が進んだ今も、植物や自然に触れたい、落ち着くといった思いを抱くのは当然のことです。

しかし、自然が身近にあるメリットは、それ以上に大きいものかもしれません。リラックスできるだけでなく、仕事面でも効果があるようなのです。

この「自然と創造性の深い関係」特集では、そんな自然の力を紹介すると共に、その恩恵を享受するためのグリーン活用法についてお伝えします。

第1回は、自然が人間に与える影響について30年以上にわたり研究している千葉大学環境健康フィールド科学センターグランドフェローの宮崎良文さんに話を聞きました。後編となる今回は、自然が人間に与える驚きの効果とその仕組みについてご紹介します。

▼前編はこちら

人間の体を「あるべき状態」に整える自然の“生体調整機能”とは

宮崎良文(みやざき・よしふみ)

profile

1954年神戸生まれ。東京農工大学修士課程(環境保護学)修了、東京医科歯科大学医学部助手(助教)、森林総合研究所生理活性チーム長を経て、千葉大学環境健康フィールド科学センター教授(自然セラピー研究室)・副センター長。2019年より千葉大学グランドフェロー。2000年、論文「木材と森林浴の快適性増進効果の解明」に対して、農林水産大臣賞、2006年、日本生理人類学会賞受賞。主な著書に、『Shinrin-Yoku(森林浴): 心と体を癒す自然セラピー』(創元社)、『自然セラピーの科学』(朝倉書店)、『森林浴はなぜ体にいいか』(文藝春秋)などがある。

大きな自然から小さな自然まで。テーブルの上の一輪挿しでもいい

――「森林浴」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、これも自然セラピーの一つという認識でよいのでしょうか?

「森林浴」は代表的な自然セラピーのひとつです。この言葉は1982年、当時林野庁長官を務めていた秋山智英さんにより命名されました。

「森林浴」とは、五感を介して、人と森林が一体化すること。「森林浴」という言葉は、2018年に突如ブームとなり、いま「Shinrin-Yoku」として世界的にも大きな注目を集めています。

――しかし、都市部に住むビジネスパーソンの場合、日常的に自然の森に出かけるということはなかなか現実的ではないと思います。そんな場合は、どのように自然セラピーを取り入れればいのでしょうか。

私は「公園セラピー」「花セラピー」「盆栽セラピー」など、いろいろな言葉で自然セラピーを提唱してきました。

大きな自然はもちろんいいのですが、都市の中の公園のような中くらいの自然、そして庭やベランダ、室内の鉢植え、さらにはテーブルの上の一輪挿しといった小さな自然でもいいんです。

自分にとって無理のない範囲で取り入れてみてください。それがどんなに小さな自然であっても、自然セラピーのリラックス効果は実証されています。

好きな自然でなければ効果半減。自ら選び取るべき「能動的快適性」とは

――大小を問わず、どんな自然でも効果はあるということでしょうか?

はい。しかし、ひとつ重要な注意事項があります。

それは、「自分の好きな自然を選ぶこと」。そうでないと効果が発揮されないことがわかっています。

観葉植物を家に置くとして、青々とした緑がいいのか、それとも花をつけるものがいいのか? それを決めるのは自分が「心地いい」と思えるかどうか。好きだと感じられるものほど、自然セラピーの効果は高まります。

誰にとっても快適だと感じる環境、たとえば、冬の厳しい寒さをしのげる保温性の高い暖かい住居。この中に入れば全員が心地いいと感じる、これを「受動的快適性」といいます。

対して、自然セラピーは「能動的快適性」。心地いいと感じるかどうかは個人差があるので、それを自ら選び取るという能動的な姿勢が重要です。

数値化された絶対的な指標ではなく、自らにとっての快適性を追求する時代になってきているのです。

個人差があるからこそ、誰でも森に入ればいいということではありません。虫が苦手な人は、夏場に森の中に入ることでかえってストレスを感じるでしょうし、スギ花粉症の人がスギ林に入ったら大変なことになるでしょう。

快適性を考えるときは、まずは自らの身の安全が担保されることが大前提です。そのうえで、自分が心地よく感じる自然が何なのか、探してみてください。

五感に意識を向けてみる。草木が香り、鳥歌う

――そういわれても、自分の好きな自然が何なのかよくわからない……という人はどうすればいいでしょうか?

そんな人は、まず「五感を意識しての散歩」から始めてみてはどうでしょうか。

私の自宅の周りだと、蝶やトンボがよく飛んでいます。それらをゆっくり眺めて、観察してみるのもいい。耳をすませば、都会でもいろいろな野鳥の声などが聞こえてくると思います。

スギなどの針葉樹の葉が落ちていたら、指でちょっとつぶしてみるといい香りがするかもしれません。最近はやっている、大きな木に抱きつく、というのもおもしろいですね。

実際に触ってみると木肌が意外に暖かかったり、いろいろな発見があると思います。

私自身も、お気に入りの樹齢70年の桜の木に触れてから帰宅するという習慣があります。こんなふうに、日常の中に自分なりの自然セラピーを取り入れることができるといいですね。

好きな自然が見つかったら、それを鉢植えや花瓶といった形で、自宅に取り入れてみてください

人間にとって、一番の癒しとなるのは睡眠です。しかし、忙しいビジネスパーソンが日中に仮眠をとるのはなかなか難しい。

身の回りに小さな自然を置いておけば、無機質なだけのワークスペースで休憩するよりも、リラックス効果をぐっと高めることができるのです。

01
お気に入りの木に触れているだけでもいい
Image: GettyImages

触覚や嗅覚だけでも効果あり。大切なのは「没入感」

――自然セラピーは森を歩くことや花を愛でること以外にも何かあるのでしょうか?

木材製品やエッセンシャルオイルといったアイテムを使うことでも、自然セラピーの恩恵を受けることはできます。

私は「木材セラピー」も提唱しているのですが、これは木材を見たり触れたりするだけでもリラックス効果が期待できるというものです。私も居間には、樹齢170年の無垢材を使っています。

精油、いわゆるエッセンシャルオイルも日常に取り入れやすいのではないでしょうか。

以前あるテレビ番組で、好きな香りの木材オイルを含ませたチップをポケットに忍ばせておいて、それを本番前にかいでからステージに出る、という俳優さんがいることを知りました。

緊張から過活動になっている脳を、本来のあるべき状態に戻すために嗅覚を使う、賢い利用の仕方だと思いますね。

どんな自然セラピーでも、重要なのは「いかに没入感を作り上げられるか」です。

香りだけだとしても、目を閉じて深呼吸して、あたかも自分が大きな自然の中にいるような没入感を感じられれば、リラックス効果を得ることができます。要は、いかに自分と自然をシンクロさせて、臨場感を感じられるか

快適性とは、人と環境間のリズムのシンクロなんです。

征服すべきではなく対等な存在。日本人と自然のシンクロニシティ

この「自然とのシンクロ性」が、古くから生活に根付いているのが私たち日本人です。

キリスト教に代表されるような西洋思想では、人間は特別な存在であり、一段上にいると考えます。良くいえば、自然とは守るべき存在だけれども、一方では征服する対象でもあるんです。

一方、日本人にとっての自然とは、上でも下でもない。西洋の縦の関係に対して、横の関係だという点が、すごく特徴的なんです。

これは、1974年に東京大学の渡辺正雄先生が学術誌「Science」に書かれた論文にある内容ですが、私もまさにその通りだと感じています。


心地いい自然とシンクロすることにより、本来のあるべき状態へと戻っていく。そのニュートラルなスタートラインに立ってこそ、生産性の高い仕事が可能となり、ひいては肩肘張らないリラックスした幸せな毎日へとつながっていく――。

身近なところで実践できる自然セラピーには、そんな驚くべきライフハックが隠れていたのです。

▼前編はこちら

人間の体を「あるべき状態」に整える自然の“生体調整機能”とは


swiper-button-prev
swiper-button-next