連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

もう財布をなくさない! 「aile3 エル」を試したらずっと使いたくなる財布だった

machi-ya

author 組橋信太朗
  • カテゴリー:
  • TOOL
もう財布をなくさない! 「aile3 エル」を試したらずっと使いたくなる財布だった
Photo: 組橋信太朗

財布に限らず、ものをなくした経験は誰しもがあると思います。最近だとスマホならGPSを駆使して探し出すことができますよね。ただスマホ以外だとそうはいかない。

ああ、財布にGPSがついてたら……なんて長らく思っていましたが、ついに現れました。紛失防止タグを搭載したなくさない財布! その名を「aile3 エル」。

早速使ってみたので、“なくさない”機能をはじめ、その実用性をレビューします。

紛失防止タグ搭載とは?

紛失防止タグ搭載、といっても正確にはタグが組み込まれているわけではなく、「付属される」というものです。

採用されているのは「MAMORIO RE」というコンパクトな紛失防止タグ。

IMG_0531
Photo: 組橋信太朗

ものをなくしがちな筆者ですが、嫌だと思っていてもなかなか紛失防止タグを買うにはいたらない不精な性格……。なので、付属というのはかなりありがたいもの。

いざ使ってみると手軽なもので、「①アプリをインストール②タグとスマホをペアリング」の2ステップ。あとは、手元から離れたら通知がくるなり、なくしたときは探せるようになる、という具合です。

閑話休題。財布内部にはそのタグの専用ポケットが搭載されています。

IMG_0539
Photo: 組橋信太朗

これがあるとないとでは大違い。収納する場所があればそれ自体をなくす心配がなくなります。つまり、ようやく財布をなくす悲しいハプニングから卒業できるということです!

機能美を追求した高いデザイン性

肝心の財布としての機能性ですが、高い収納力がありながらもコンパクトで使いやすいんです。まずはそのコンパクトさ。9.5×10cmで薄さは2cm! ポケットにしまうのもラクですし、リュックやバッグのちょっとしたポケットにも収まるので、パパッと出し入れができて手になじむサイズ感です。

IMG_0560
リュック内のポケットにもスッポリ!
Photo: 組橋信太朗

そして収納力。このコンパクトさでありながら容量はごらんの通り。

detail_18110_16238287006358
Image: sinsinkobo

筆者の手元にある財布から中身(お札×6枚、小銭×10枚、カード×6枚、紛失防止タグ×1つ)を移してみるとこんな感じ。

IMG_0572
Photo: 組橋信太朗

堅牢性に優れたブライドルレザーのため、使い初めは硬さがあり財布もやや膨らみがありますが、これは使い込むほどになじんでくることでしょう。経年変化を考慮するとこのサイズ感は申し分なし。

IMG_0578
Photo: 組橋信太朗

カード収納部の仕切りや紙幣はマネークリップで留めるなど、可能な限りパーツを減らしたことでこのサイズ感を実現させています。実用的でありながら見た目にもスマート。デザイン性の高さはコンパクト財布の中でも随一なのではないでしょうか⁉

安心してゆだねられる

ちなみに、紛失防止タグを入れない場合そのポケットに鍵が収納できる、という仕様ですがせっかくの紛失防止タグは入れておくのが間違いなく吉。どうしても鍵も入れたい場合は、カード入れポケットに鍵を入れる使い方もできると思いました!

IMG_0582
Photo: 組橋信太朗

ありそうでなかった「なくさない財布」。しかもコンパクトで大容量。大事なものはすべて詰め込んでも受け入れてくれる懐の広い財布です。

直しながら長く使える

もう1点。使用感ではないですがうれしいポイントを紹介。それは「永久無料保証」です。

丹精込めて作った財布を、長く快適に使ってほしいという制作者のものづくり精神により、工房が存続する限り無料で修理をしてもらうことができます。

detail_17496_16210436205224
Image: sinsinkobo

直したいと思っても革製品だとなかなかできないことが多い中、このサービスはありがたい限り。プロダクトの機能性ももちろん大事ですが、せっかく使うなら細やかなアフターケアも支援の判断材料にするのは大いにありだと思います!


高い機能性を備えたなくさない財布「aile3 エル」は現在machi-yaでプロジェクトを実施中。100名様限定の超早割なら、定価14,000円の30%OFFの9,800円(消費税・送料込み)で支援可能です。ぜひチェックして検討してみてください!

>> たどり着いた未来の財布。薄く、小さく、なくさない財布「aile3 エル」

Photo: 組橋信太朗

Image: sinsinkobo

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next