連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS 15新機能「通知要約」は集中力アップに一役買ってくれそう!

author Khamosh Pathak - Lifehacker US[原文](訳:的野裕子)
  • カテゴリー:
  • TOOL
iOS 15新機能「通知要約」は集中力アップに一役買ってくれそう!
Photo: Khamosh Pathak

毎年Appleは、通知を少しでも管理しやすくするためにiPhoneやiPadに新機能を追加しており、iOS 15も例外ではありません。

今回、Appleは古い「Deliver Quietly(静かに通知)」機能を削除。代わりに追加した「Notification Summary(通知要約)」では、スマホがいつどのように通知するかを、さらにコントロールできます。

最新機能「通知要約」とは?

通知のダイジェスト機能だと考えてください。毎朝もしくは毎晩(またはいつでも)、「通知要約」機能に追加したアプリからの、その日の通知すべてを一覧にした通知が1通届きます。

iPhoneの通知要約の画面
Screenshot: Khamosh Pathak

遅れたり表示方法が変わったりしますが、通知を大人しくさせつつ確認もできるうまい方法で、本当に重要な通知を見逃しません。

「通知要約」を使うには

この機能を利用するには、iPhoneやiPadの「設定」アプリを開きます(現在公式ベータ版iOS 15もしくはiPadOS 15が動作している必要があります)。

通知 > 通知要約のスケジュール」に行き、「通知要約のスケジュール」機能を有効にします。

朝と夜の初期設定の時間を使うこともできますし、時間をタップしていつ通知要約を配信するかを変更することもできます。「要約を追加」ボタンを使って、さらに通知要約を配信する時間を追加することも可能。

アプリの通知要約」のオプションから、通知を直接「通知要約」に送るアプリを選ぶこともできますよ。

設定の通知要約の画面
Screenshot: Khamosh Pathak

一度アプリを追加したら、そのアプリに新しい通知があっても毎回通知音やバイブレーションに邪魔されることはありません。

また、「通知センター」から直接「通知要約」にアプリを追加することもできます。通知を左にスワイプし、「オプション」ボタンをタップして、「要約を追加」オプションを選びましょう。

今度「通知要約」の時間になったら、iPhoneは通知リストの上部に大きな「通知要約」セクションを表示します。そのボックスをタップして拡大すると、すべての通知が表示されます。

後になって、「通知要約」から削除したいアプリがでてきたら、「通知要約」内の通知を左にスワイプし、「オプション」ボタンをタップして、「すぐに通知」オプションを選びましょう。

swiper-button-prev
swiper-button-next