連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 11をインストールした後にWindows 10に戻す方法

author Brendan Hesse - Lifehacker US[原文](訳:伊藤貴之)
  • カテゴリー:
  • TOOL
Windows 11をインストールした後にWindows 10に戻す方法

先日、Windows 11ベータ版に初めての大きなアップデートが行われましたが、ある変更点に、一部のユーザーから不満の声が挙がっています。

それは、Windowsのスタートメニューを従来のレイアウトに戻せなくなったことです。

Windows 11では、画面中央下に表示される、新しくデザインされたスタートメニューとタスクバーを使用しなければなりません。

そして、今回のアップデートで、レジストリを編集して従来のレイアウトを復元する方法も封印されてしまいました。

新しいスタートメニューそのものは悪くはないのですが、多くのユーザーがこの変更に不満を持っています。

これは一時的な変更に過ぎず、今後のアップデートで従来のスタートメニューに戻る可能性もありますが、Windows Insiderが直面している問題はこれだけではありません。

Windows 11はまだ初期のテスト段階にあるため、バグや機能の欠落、互換性の問題があることが想定されます。

Windows 11の設定メニューからWindows 10に戻す方法

Windows 11の公式版はアップグレードする価値があるかもしれませんが、ベータ版にアップグレードしたことを後悔しているユーザーもいることでしょう。

あなたもその一人なら、安心してください。Windows 10(および従来のスタートメニュー)に戻すことは可能です。やり方は2つ。

  • Windows 11の設定メニューから古いバージョンのWindowsに戻す。
  • インストールディスク(またはUSBドライブ)を使用して、Windows 10をクリーンインストールする。

Windows 11の設定メニューからWindows 10に戻すやり方のほうが、個人ファイルをそのまま残すことができるため、より早くて簡単です。ただし、この方法が使えるのは、Windows 11をインストールしてから10日以内に限られます。

10日が経過すると、古いシステムファイルが永久に削除されて復元できなくなります。ですので、すでにWindows 11を2週間以上使用している人は、このやり方は使えません。

その場合は、インストールメディアを使ってWindows 10を再インストールする方法が利用できます。ただし、PCが工場出荷時の状態に戻り、ファイルやアプリは削除されます。いずれの方法でも、作業を進める前にファイルをバックアップしてください。設定メニューを使うやり方ならファイルは残りますが、何らかの問題が発生する可能性があります。

以前にもWindows PCをバックアップする方法をいくつか紹介しましたが、最も良い方法は、保存したいファイルをすべて外付けハードドライブにコピーすることです。

すでにWindows 11を2週間以上使用している場合、Windows 11の設定メニューからWindows 10に戻す方法は以下になります。

  1. [設定]>[システム]>[回復]と進む。
  2. [回復オプション]>[Windows の以前のバージョン][戻る]ボタンが有効であればクリックする。ボタンが押せない場合は、2つめの方法に進む。
  3. Windows 11をアンインストールする理由を尋ねられ、次にWindows 11をアンインストールする代わりに最新のアップデートをチェックするかどうかを尋ねられる。[行わない]をクリックして、ロールバックを続行する。
  4. 画面に表示される残りの指示に従い、[以前のビルドに戻す]を選択すると、ようやくプロセスが開始される。
  5. あとはロールバックプロセスが完了するまで待つ。少し時間がかかるが、完了すると、既存のファイルを保持したまま、安全にWindows 10に戻ることができる。

Windows 11をアンインストールして、Windows 10を再インストールする方法

Windows 10を再インストールするには、何らかの物理的なインストールメディアが必要です。

Windows 10のインストールディスクが手元にある場合(そしてPCにディスクドライブが付いている場合)は、そのディスクを挿入し、画面に表示されるインストール手順に従ってください。

インストールディスクがない場合は、自分でインストール用のディスクやUSBメモリを作成することができます。

Windows 10インストールメディア作成ツール(こちら)をダウンロードし、空のディスク、または8GB以上の空き容量があるUSBメモリを用意してください。

プログラムを実行し、画面に表示される指示に従ってインストールメディアを作成し、Windows 10のインストールプロセスを実行します。

このプロセスは少し時間がかかります。また、Windowsアップデートのインストール、アプリの再インストール、バックアップファイルの復元なども必要になりますので、この作業を始めるときは十分な時間を確保してください。

Source:Windows Central, Microsoft

swiper-button-prev
swiper-button-next