連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

長財布派は必見! コンパクト設計&大容量な「FRAGMANzip」を使ってみた!

machi-ya

author 飯田あゆみ
  • カテゴリー:
  • TOOL
長財布派は必見! コンパクト設計&大容量な「FRAGMANzip」を使ってみた!
Image: statusy

ただいまmachi-yaでプロジェクトを実施中の長財布「FRAGMANzip(フラグマンジップ)」 。

コンパクトなルックスですが、紙幣もカードもコインも充分すぎるほど収容できるスグレモノです。

今回、長財布愛好家の私の手元に「FRAGMANzip」のが届きましたので、普段使いに耐えうるのかどうか、さまざまな点チェックしていきたいと思います!

贈り物にも喜ばれそうな高級感のあるパッケージ

IMG_8889
Photo : Ayumi Handa

「FRAGMANzip」は、シルバーのロゴが箔押しされた黒い箱入りで届きます。プレゼントとして贈られることを意識し、こだわって作られている印象ですね。とてもシンプルでセンスを感じました。

開封すると、中には栃木レザーの赤タグが。このタグは品質の証明書ですが、革製品の取り扱いについての注意書きも兼ねているので失くさないように保管しておきましょう。

IMG_8891
Photo : Ayumi Handa

長財布なのに、ここまで小さくできるの!?

IMG_4609
Photo : Ayumi Handa

私が今使っているのは、自作の布製長財布です。「FRAGMANzip」を載せてみると、私の財布よりひと回り小さいことがわかります。

IMG_4611
Photo : Ayumi Handa

「このまま私の財布に入るのではないか?」と試してみたところ、見事にすっぽり収まりました。

同じ長財布なのに、ここまで小さくできるものなのですね。

IMG_4610
Photo : Ayumi Handa

お札をファスナーに巻き込んだりしない…?

IMG_4651
Photo : Ayumi Handa

これだけ小さいと、気になるのがお札の巻き込みです。ファスナー開閉の際にお札を挟んで、破いてしまう恐れがないかと思いましたが、「FRAGMANzip」独自製法の「アーチ型のマチ」のおかげでその心配はありませんでした。

1622692604126
Image: statusy

上の画像をご覧ください。こちらは、マチと反対側のファスナー開閉部です。

ここが一番お札の巻き込みが多くなるところだと思うのですが、 意匠登録出願中 の「アーチ型のマチ」があることで2センチのゆとりが生まれています。よほど雑に扱わない限りは、お札を挟み込んでしまうことはないでしょう。

IMG_4652
Photo : Ayumi Handa

フリースペースは使い道いろいろ

IMG_4654
Photo : Ayumi Handa

小銭入れの脇についているフリースペースには、紛失防止機器を入れたり、予備のカギを忍ばせたりと使い道がいろいろありそうです。

試しにUSBケーブルを入れてみました。これくらいのサイズのものなら収納可能なので、必需品の予備を携帯するのに便利だと思います。

外付けポケットにカードを収納しても大丈夫?

f692s-b4twy-min
Photo: Ayumi Handa

まだ触れていない気になるポイントは、カードポケットの位置ではないでしょうか?

「FRAGMANzip」には、前作の「FRAGMAN」と違ってカード類の収納ポケットが外についています。

カードを落としてしまいそうで不安でしたが、そこにもきちんと作り手のこだわりが。

計算されたポケットの深さと、革の裏側のざらりとした摩擦がカードをがっちりホールドし、逆さにして振ったくらいでは落ちない仕様になっていたのです。どうしても心配なら、大事なカードは内側のフリースペースにしまっておくことも可能です。

極小の長財布というコンセプトを実現するために考え抜かれた製品であることを改めて感じました。


コンパクトなデザインと大容量を同時に実現した長財布「FRAGMANzip」は ただいまmachi-yaでプロジェクト実施中。 250名様限定の超超早割なら、一般販売予定価格25,000円から20%OFF の20,000円(消費税・送料込み)で支援可能です。

ご検討中の方は以下をご覧くださいね。

Photo: 飯田あゆみ

Image: statusy

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next