連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマートフォンを毎年買い換えなくていい5つの理由

author MakeUseOf/訳:ぬえよしこ
  • カテゴリー:
  • TOOL
スマートフォンを毎年買い換えなくていい5つの理由
Image: Getty Images

この10年、スマートフォンの進化は著しいものがありますが、2年前のモデルでさえ、ほとんどのユーザーにとっては十分なレベルです。

ですから、過去1年間に最新機種を買ったなら、次の機種にアップグレードする必要はありません。

これは、iPhoneにもAndroidにも当てはまります。

今回は、スマホを毎年買い換えなくてもいい理由を5つ挙げましょう。

1. 昨今のスマホのアップグレードは微々たるもの

upgrading-smartphones-every-year-1
Image: MakeUseOf

スマートフォンが登場した頃には、毎年、画面のサイズや解像度、カメラの機能アップ、速度の向上など、機能面での大幅なアップグレードがありました。

現在でも機能面でのアップグレードはありますが、普段使いで実感するほどではありません。

たとえばカメラ機能がアップしたとメーカーが言っていても、撮った写真は以前の機種で撮ったものとそれほど変わらないように思えます。

今ある中〜高価格帯のスマートフォンのほとんどでは、良い写真が撮れます。最高レベルのカメラと十分良いカメラの微妙な違いは、本当に細部に目を向けなければわかりません。

2. スマホは最低2年間は十分使える

upgrading-smartphones-every-year-3
Image: MakeUseOf

スマホのリチウムイオン電池は時が経つにつれ劣化しますが、1年経ったからといって交換しなければならないわけではありません。

ほとんどのバッテリーは購入後少なくとも2年間は最適なレベルで作動するようになっています。

そうでないなら、デバイスの充電方法を見直したほうがいいかもしれません。

iPhoneを例に見てみましょう。

2年間平均的に使った後でも、最大バッテリー容量の80%を維持するようになっています。

これは、デバイスのバッテリー寿命が10時間だったとすると、1年後でもフル充電で約9時間使えるということですから、それほど悪くはありません。

3. 何年間もソフトウェアアップデートに対応している

upgrading-smartphones-every-year-4
Image: MakeUseOf

高性能のスマホを購入した場合、少なくとも2年間はソフトウェアのアップデートに対応している可能性が高いと思います。

Androidの場合は、メーカーの更新ポリシーによって異なります。SamsungやOnePlusなどの人気ブランドではAndroid OSアップデートが2〜3回と、さらに1年間のセキュリティアップデートが保証されています。

しかし、ソフトウェアのアップデートに関しては何と言ってもAppleがベストです。

iPhoneなら、リリース後数年間はOSアップデートに対応しています。Appleは正確な数値を発表していませんが、ほとんどの場合ではだいたい5〜6年間です。

その良い例としては、iOS 9がプリインストールされた2015年発売のiPhone 6Sです。6年後でもiPhone 6SはきちんとiOS 15をサポートしており、この機種は2022年、7年目までサポートされます。

4. 払っただけの価値がない

upgrading-smartphones-every-year-5
Image: MakeUseOf

フラッグシップのスマートフォンが6〜7万円だった時代を覚えていますか。そんな時代はもはや過去になりました。

この数年間は機能面のアップグレードは段階的なのに、スマホの価格はかなり上がっています。今では、10万円を超える高級スマホという新カテゴリーが登場しました。これらのスマホは、フラッグシップとして位置づけられています。

たとえば、iPhone 6 Plusが最高レベルのiPhoneだった時には、携帯キャリアと提携していないもので749ドルでした。

7年後、その値段では、iPhone 12ラインナップの中で一番安価なiPhone 12 miniしか買えません。現在のiPhoneで最高機種を手に入れるには、最低ストレージを備えたiPhone 12 Pro Maxに12万9580円を払わなければなりません。

5. 性能の違いには気づかない

upgrading-smartphones-every-year-2
Image: Shutterstock

メーカーはハードウェアの仕様をアピールしていますが、スマートフォンのRAMとプロセッサの性能はもはや以前ほど重要ではないレベルに達しています。

熱烈なマルチタスカーではない限り、8GBと12GBのRAMのスマホの違いに気づくことはないでしょう。

プロセッサも効率と速度の点では毎年向上していますが、実際には日常使いでは性能の違いはわからないはずです。

昨年高性能のスマホを買ったなら、1〜2年間はほとんどのタスクを処理するための堅実なプロセッサがあるということですから、数字に踊らされないように。

毎回買い換えなくていい

どのスマートフォンでもメーカーの宣伝文句を聞くと、1年前のスマホがすでに時代遅れのように感じてしまいますが、ほとんどの場合は買い換える必要はありません。

ユーザーに新しいモデルを買いたいと思わせるようにするのが、企業のマーケティングですから。

現在、低価格帯から中価格帯のスマートフォンを使っているならアップグレードのために買い替えるのはわかりますが、そうでないなら最新のフラッグシップ機種は必要ないでしょう。


Original Article: 5 Reasons Why You Don't Need to Upgrade Smartphones Every Year by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next