連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

バスルームにも置ける、多湿好きな植物とは?

author Aisha Jordan - Lifehacker US[原文]/訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
バスルームにも置ける、多湿好きな植物とは?
Photo: Luoxi (Shutterstock)

暗くて、湿度が高いお風呂場に適した植物を見つけるのは、難しいかもしれませんが、探してみる価値はあります。

植物や花は、どこに置いても見栄えが良く、特にバスルームでは素敵に見えます。フィロデンドロンやイチジクのような熱帯由来のものは、高温多湿の環境が大好きです。

人間のように湯気の立つシャワーが好きな植物を選ぶ方法を以下にご紹介します。

バスルームに置くのに適した植物

植物によっては、水分を維持するために水やりに加えて、たまに霧吹きでミストを吹きかけることが必要です。

たとえば、ボストンファーンはまるで茂みのような羽片を持ち、空気中の湿度が50%以上の環境に慣れています。

クワズイモ属の植物も、湿度の高い環境が大好きで、3フィートの高さまで成長する大きくて濃い緑色の葉をつけています。

ボストンファーンもクワズイモも、湿度が足りなくなると垂れ下がって先端が乾燥して茶色くなる傾向があるので、湯気の多いバスルームはぴったりです。

苔も湿気が好きな植物で、バスルームで元気に育ちます。苔は蘚苔類で、根や種子がなく、周囲の空気から栄養分を集めます。

成長するには霧吹で軽くミストを吹きかける必要があるので、バスルームはこうした綿毛状の植物には完璧な環境です。生きた苔でバスマットを作っている会社もあるぐらいです。

バスルームに適した花

育てることが難しいことで有名な蘭は、水やりで濡れるよりも湿度の高い状態を好むので、バスルームに置くのに適しているかもしれません。

スパティフィラムも同様に湿度が高く暖かい気候を好むので、バスルームに置くことを考えてもいいでしょう。よく手入れをすると、葉のような白い花が年に2回咲きます。

他に、ほぼ一年中咲く植物としてブロメリアがあります。ブロメリアはこれまでで最強の植物かもしれません。

この熱帯植物は何年も咲き続ける明るいマゼンタやオレンジ色の葉をつけ、間接光か人工光が射せば、極寒や極暑の環境でも大丈夫。ブロメリアもやはり湿気の多い気候を好みます。

さらに、樹皮や木炭の混合物などの土壌が無い環境でも問題ありません。

バスルームに置くのに適している意外な植物に、観賞用トウガラシがあります。ふさふさした緑の葉から紫、黄色、オレンジ色、赤のトウガラシが実ります

北米南部と南米北部に自生しているこのトウガラシは食べられますが、あまり美味しいという評判ではないので、観賞用という名前の通り、見た目の良さが魅力です。

ここでご紹介した植物は、間接光が必要なので、バスルームに窓さえあれば、熱帯のジャングルにすることができます。

その環境に置かれるとここでご紹介した植物は喜んで育つでしょう。

▶︎こちらもおすすめ

夏の直射日光を好む屋内植物13選

与えすぎはNG? 植物が「肥料やけ」したときの3つの症状

Source: Better Homes Garden(1, 2), Farmers Almanac, Garden's Path, Materdor Network, Gardening Knowhow, Greenery United

swiper-button-prev
swiper-button-next