連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

晩酌のグレードアップに木製グラスという選択肢。内側の焦がし加工がポイントの「チャー・オークタンブラー」

machi-ya

author Haruki Matsumoto
  • カテゴリー:
  • TOOL
晩酌のグレードアップに木製グラスという選択肢。内側の焦がし加工がポイントの「チャー・オークタンブラー」
Image: FARCA LLC

自然を感じる晩酌はいかが?

自宅飲みではお手軽な缶入りサワーで済ませる筆者でしたが、最近はちょっと背伸びしてウイスキーを嗜むことが増え、アイテムにもこだわりたくなってきた今日このごろ。

そんな中、熟成樽と同じアメリカンホワイトオークで作られたチャー・オークタンブラー」を姉妹サイトmachi-yaにて発見。

香りを高める焼き焦がし加工が施されているなど、ウイスキーをグレードアップできるタンブラーになっているそうですので、早速詳細をチェックしてみたいと思います。

見た目も美しい木製タンブラー

3015b76e7c88fd6ee33b848d2c9c6604
Image: FARCA LLC

木目の温かい表情が印象的な「チャー・オークタンブラー」。

熟成樽などに広く使われるアメリカンホワイトオークを使用しており、素材自体もウイスキーと相性抜群の仕様になっています。

f9087e0be2a7c15c69bdfae9575ca16d
Image: FARCA LLC

家具やインテリア用品などにも使われるオーク材ですが、含まれるタンニンやポリフェノールといった成分がウイスキーをより豊かな味わいにしてくれるんだとか。

その中でもアメリカンホワイトオークは、バニラやココナッツなどのような甘さと風味が特徴のようです。

c341ce77bad3b100021855d26a273bad
Image: FARCA LLC

オーク材の特徴は香り以外に、結露や手の熱が伝わりにくいなどしっかりと機能性もあるそう。

また底に向かって重心が取られた設計になっているようで、手への馴染みも良さそうですね!

香り高める工夫満載

469fa954fb86706db72d87c1054beb7e
Image: FARCA LLC

より香りを楽しめるよう、タンブラーの内側には表面を焼き焦がすチャー加工が施されています。

本来は蒸留酒の熟成樽などに用いられる技法となっており、生木の香りを抑えオークの香りをより引き立ててくれるんだそうです。

9ea77774e21d33b65f0596b4e97162f7
Image: FARCA LLC

また、この上に向かって絞られた形状が香りを引き立てるのに役立っているとのこと。

ウイスキーをより美味しく味わえるようメーカーのこだわりが感じられますね。

2af2bd5845a5147ba45d0b1fd5e52b8a
Image: FARCA LLC

香りはもちろんのこと、木目の色合いと締まりのある黒がコントラストとなって見た目にも美しいですね。

ガラスや金属製グラスで飲むのも悪くないですが、こだわりアイテムで愉しむ晩酌はちょっと贅沢な気分になれそうかも。

育てる楽しさもあり

c3230bb97ec57ec90819f4f34e4dfddb
Image: FARCA LLC

水分を扱う木製品のため、付属の蜜蝋入りクリームで定期メンテナンスするのが長く使うポイント。

時間をかけて磨くことで艶の変化が生まれるそうなので、レザー製品のように自分好みのアイテムに育てていく楽しみもありますね。

image0
Image: FARCA LLC

職人によるハンドメイドなため、すべての製品で表情が異なっているというのも良いですね。

ウイスキー同様、手をかけてタンブラーも熟成させていくことで上質な晩酌の時間を楽しめそうですよ!


焦がし加工で香り高いアメリカンホワイトオーク製の「チャー・オークタンブラー」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを開始中。

執筆時点で、販売予定価格から17%OFFの10,000円(税・送料込み)からオーダー可能となっていましたよ。

気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Image: FARCA LLC

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next