連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneの「WiFiが繋がらない」バグに対処する方法

author Brendan Hesse - Lifehacker US[原文]/訳:伊藤貴之
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneの「WiFiが繋がらない」バグに対処する方法

現在、iPhoneのWiFi機能にバグが発生しています。

幸いなことに、このバグを回避するのは簡単です。また、万が一発生しても自分で直すことができます。

iPhoneで「%p%s%s%s%s%n」という名前のWiFiネットワークに接続すると、WiFiが機能しなくなるという奇妙なバグです。ですので、この名前のネットワークには接続してはいけません。

iPhoneを再起動しても直らない可能性

セキュリティ研究者のCarl Shou氏が、このバグを最初に発見し、Twitterに投稿しました。その後、何人かのユーザーが独自にテストを行い、この問題を確認しています。

いずれの場合も、このネットワーク名を入力しただけでiPhoneのWiFi機能が停止し、他のネットワークに接続できなくなったということです。

さらに悪いことに、iPhoneを再起動してもこの問題は解決しないことがわかっています。

不思議なことに、このバグは、Bluetoothやモバイルデータなど、ほかのネットワーク機能には影響を与えません。そして、原因は分かっていません。

問題に対処する方法

ありがたいことに、たとえこの問題が発生しても簡単に直すことができます。

[設定]>[一般]>[リセット]を開いて、[ネットワーク設定をリセット]を選択してください。

保存されていたWiFiネットワーク情報がすべて削除されるので、次回接続時に改めて設定をやり直す必要がありますが、上述の問題は解消されます。

事前に防ぐ方法

このWiFi機能のバグを修正するのは簡単ですが、それを事前に防ぐにはもう少し注意が必要です。

当然ながら「%p%s%s%s%s%n」という名前のネットワークに接続したり、自宅のWiFiにこの名前をつけてはいけません。

また、公共のWiFiスポットでこのネットワーク名が使われているのに気づいたら、周りの人に教えてあげましょう。

もっとも、米Gizmodoが指摘しているように、一見無害に見えるその他のネットワーク名でも、同じ問題を引き起こす可能性があります。

悪意ある人や無知なユーザーが、自分のWiFiネットワークに問題を引き起こす名前をつけているかもしれません。

ですので、基本的にネットワーク名に「%」記号が多く含まれているネットワークは避けるようにし、公衆ネットワークに接続して問題が起きた場合は、ネットワークの管理者に報告してください。

このバグがさらに広がれば、Appleが修正プログラムをリリースするかもしれません。もちろん、修正できない可能性もあります。

修正できたとしても、それまでの間iPhoneを安全に保つこのは、ユーザー自身の責任です。


Source: 9to5Mac

swiper-button-prev
swiper-button-next