連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

次期iOS 15とiPadOS 15に搭載! 知られざる最新機能15選

author 訳:伊藤貴之
  • カテゴリー:
  • TOOL
次期iOS 15とiPadOS 15に搭載! 知られざる最新機能15選
Image: Apple

先日開かれたWWDC21の基調講演では、多くの人が興味を持つであろうiPhone、iPadの新機能が高らかに発表されました。

しかしその一方で、数多くのiOSの素晴らしい新機能が、まったく触れられずに終わりました

今回は、iOS 15とiPadOS 15に一刻も早くアップデートしたくなるような隠れた新機能を紹介します。

1. アプリ内での返金申請

Appleは新しいStoreKit APIを作成し、ユーザーがアプリ内で返金を要求できる仕組みを、アプリ開発者が実装できるようにしました。iOS 15では、返金を要求するためにreportaproblem.apple.comにアクセスする必要はなくなります。

ただし、開発者がこの機能を実装しなければ意味がありませんので、実際に使えるのはしばらく先になりそうです。

2. アカウント回復連絡先とデジタルレガシープログラム

iOS 15およびiPadOS 15では、Apple IDアカウントへのアクセスを回復する手助けをしてくれる、アカウント回復連絡先を設定できるようになります。

パスワードをよく忘れる人は、信頼できる人にアカウントの回復を手伝ってもらえるよう頼んでおきましょう。

デジタルレガシープログラムは、自分の死後に、自分のアカウントや個人情報にアクセスできる人を登録できる機能です。

現時点では、この機能がどのようなものになるのか、完全には明らかになっていませんが、デジタルな遺言状に相当するようなものがあるのは、ありがたいことです。

3. 盗難防止機能の強化

iOS 15では、盗難防止機能がいくつか追加されています。そのうちの一つは、バッテリーが切れた後や、泥棒に電源を切られた後でも、iPhoneの位置を特定できるというもの。

たとえiPhoneのデータを消去されたとしても、「探す」を使ってiPhoneの場所を探すことができます。

また、Appleによると、iPhoneの起動(hello)画面に、ロックされていること、位置を特定できること、そして本当の所有者が誰であるかが表示され、盗難者がデバイスを売りづらくなるとのことです。

4. 置き忘れ警告

iPhoneを置き忘れると、Apple Watchに通知が届くようになります。同じように、AppleデバイスやAirTags、互換性のあるサードパーティ製アクセサリを置き忘れた場合も、iPhoneやiPadに通知が届きます。

この機能がうまく動作すれば、多くの人が高価なガジェットを失くさずに済むようになるでしょう。

5. セキュアペースト

iOS 15とiPadOS 15には、優れたプライバシー機能がいくつか搭載されていますが、私たちのお気に入りは「セキュアペースト」です。

iPhone上で文字列などをコピーした際、ペースト(貼り付け)ボタンを押すまでは、どのアプリもそのデータにアクセスできません。

このような小さな変更はほとんど気づかれないかもしれませんが、すべてのiPhone、iPadユーザーにとってありがたいものです。

6. ゲームのための Do Not Disturb

iPhoneやiPadに搭載された新しい「フォーカス」モードは、仕事に集中したいときに、邪魔な通知をシャットアウトできる機能です。

また、フォーカスモードには、ゲーム中に煩わしい通知を抑制する機能もあります

ゲーム中に、画面の半分を占める巨大なバナー通知を見たい人はいないはず。Appleがこの機能を今まで追加していなかったのが不思議なくらいです。

7. ゲームハイライトの保存

ゲーム機でゲームをプレイする人なら、ゲームプレイの短い動画を簡単に保存できる機能をご存知かもしれません。

この機能がまもなくiPhoneとiPadにも搭載されます。ただし、XboxワイヤレスコントローラやPS5のDualSenseコントローラなど、互換性のあるコントローラを使う必要があります。

これらのコントローラの「シェア」ボタンを押すと、ゲームプレイの最後の15秒間を録画できます。

8. 刷新されたiPadのキーボードショートカット

iPadには、システム全体で利用できる新しいキーボードショートカットがたくさん用意されています。iPadOS 15では(キーボードを装着している場合)地球儀キーを長押しすることで、こうしたショートカットのいくつかを表示させることができます。

Redditユーザーのu/rashhamsさんがまとめてくれているので、チェックしてみてください。

9. 拡大鏡の復活

カーソルの位置にズームインする拡大鏡が戻ってきたおかげで、テキストの選択がかなり楽になります。もう目を細めてカーソルを探す必要はありません。

10. アプリ間でのドラッグ&ドロップ

写真やそのほかのファイルを、アプリから別のアプリにドラッグ&ドロップすることができます。

たとえば、ファイルappからPagesに写真をドラッグするといった単純な作業が、iPhoneやiPadではより簡単になります。

11. 内蔵型認証システム

AppleのiCloudキーチェーンは、iOS 15とiPadOS 15で、2ファクタ認証コードをサポートしています。

2ファクタ認証用のコードを生成するためにAuthyやGoogle Authenticatorをダウンロードする必要はもうありません。

12. 無料のiCloudストレージ(条件付き)

残念ながら、5GB以上のiCloudストレージを無料で利用できるわけではありません。新しいAppleデバイスに移行する際に、iCloudにデータをバックアップするだけの容量がなくても、一時的に、iCloudストレージを無制限に利用できるというものです。

誰もがMacにデータをバックアップできるわけではないので、このオプションは嬉しいかぎりです。

13. 強化された「iOSに移行」

Androidアプリ「iOSに移行」を使うと、iPhoneにシームレスに乗り換えることができます。

写真アルバム、ファイル、フォルダ、さらにはアクセシビリティの設定まで、Androidから新しいiPhoneに簡単に移行できるようになりました。これで、プラットフォームを乗り換える際の大きな問題点の1つが解消されます。

14. Spotlightからアプリを削除する

iOS 14では、Spotlightからアプリを削除することができません。私のように200以上のアプリをスマートフォンにインストールしている人は、アプリを削除するために、Appライブラリのフォルダの中を探し回るはめになります。

iOS 15では、Spotlightで直接アプリを削除できます。Spotlightでアプリのアイコンを長押しすると、削除オプションが表示されます。

15. アプリごとにディスプレイとテキストサイズを設定

iOS 15 Beta 1: CCのテキストサイズボタンにアクセスすると、システム全体かアプリごとかのオプションが表示されます。

u/_evergarden97

ディスプレイとテキストサイズがアプリごとに細かく設定できるようになります。

特定のアプリでテキストを太字にしたり、フォントサイズを大きくしたりすることができるほか、色の反転などのアクセシビリティ機能を、システム全体に適用することなく、アプリ個別で使用することができます。

この設定は、コントロールセンターから簡単に行えます。

いち早く試したい人は

iOS 15、iPadOS 15の正式リリースは、今年の秋頃になると予想されています。いち早く試したい人は、開発者ベータ版をインストールするか、7月から始まるパブリックベータ版に参加するとよいでしょう


Source: Apple(1,2), Reddit(1,2)

Original Article: 15 Hidden Features in iOS 15 and iPadOS 15 That Apple Didn’t Mention at WWDC by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next