連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

そろそろ夏本番! 冷房の悪臭対策に「エアコン洗浄スプレー」が超効果的だった話

author 山科拓郎
  • カテゴリー:
  • TOOL
そろそろ夏本番! 冷房の悪臭対策に「エアコン洗浄スプレー」が超効果的だった話
Photo: 山科拓郎

もうすぐ7月。暑さが本格化し、エアコンのお世話になる機会も増えてきましたね。

一方で、久々に冷房をオンにしたときは大変でした。酸っぱいニオイの風が出てきて、寝室に置いたルームフレグランスの香りをかき消す始末。対症療法的に16℃で1時間冷房運転しみても、ニオイが収まるのはほんの少しの間だけで困っていました。かといって、業者を呼ぶと高いし…。

そこで試してみたのが、アース製薬が手がけるお掃除用品ブランド・らくハピの「エアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香性420ml」。緑茶ポリフェノールと除菌剤が配合されていて、シューッと吹き付けることで、エアコンのフィン(熱変換器)に発生したカビの増殖を抑えられるという品です。

先に使用感をお伝えすると、お手軽&バツグンに効果的でした! 今回は、使用手順を説明したいと思います。

エアコンの電源オフと部屋の換気を忘れずに!

DSC02055
Photo: 山科拓郎

まずは、スプレーノズルの上部にあるツメをパキッと折ってください。この状態でトリガーを引くと薬液が噴射されるので、缶はひとまずどこかに置いておくといいでしょう。

続いて、エアコンの電源をオフにし、電源ケーブルを抜いてください。その後、部屋の窓を全開にして換気しましょう。

1
フィンを露出させたエアコン。あまりキレイな状態ではなくてすみません…。
Photo: 山科拓郎

ここまで準備できたら、エアコンフィルターを外し、フィンを露出させてください。

あとは、缶を5〜6回以上繰り返し強く振れば準備完了です。この際、振り方が足りないと噴射が霧状にならない場合があるとのことなので、ご注意ください。

フィンの溝に沿って噴射

DSC02062
Photo: 山科拓郎

トリガーを引くと、かなり勢いよく薬液が出るのでちょっと驚きます。でも、慣れてしまえばこの威力はかなり爽快…! フィンの溝に沿って縦方向に動かし、全体に行き渡るようスプレーしていきましょう。

なお、1本で噴射できる秒数は90〜120秒程度。これだけ猶予があれば思う存分スプレーできます。部屋に悪臭をふりまかれた鬱憤、思う存分晴らせるでしょう(笑)。ただし、勢い余って電装部に液がかからないようにしてくださいね。

DSC02072
Photo: 山科拓郎

多くの場合、作業中に薬液が垂れてくると思います。下に置いてある電化製品などには、かからないようご注意ください。養生する必要はないと思いますが、すぐに拭けるよう、雑巾などを手元に用意しておくと良さそうです。

薬液を噴射し終えたら、約10分放置して作業完了。洗浄水は、排水管から自動的に出てくるようなので、処理不要です。想像していたより、かなり簡単でした!

イヤ〜なニオイを解消!

DSC02051
Photo: 山科拓郎

その後、エアコンフィルターを戻して冷房運転してみたところ、当初の酸っぱいニオイはどこへやら! 今のところ新品と同じ感覚で使えていて、ルームフレグランスの香りがしっかり感じられるようになりました。

なお、7月初旬の執筆時点では、1本あたりのお値段が1,000円以下。これで冷房のニオイ問題が解決するなら相当リーズナブルなので、業者に依頼する前にぜひ試してみるのをオススメします!

Photo:山科拓郎

Source: Amazon.co.jp

swiper-button-prev
swiper-button-next