連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

直感に反する軽量性!チタン素材を採用した真空サーモボトル「Therma」が登場

machi-ya

author 山田洋路
  • カテゴリー:
  • TOOL
直感に反する軽量性!チタン素材を採用した真空サーモボトル「Therma」が登場
Image: TITANO

いつも持ち歩くアイテムにウォーターボトルが含まれる方は多いんじゃないでしょうか? 仕事/プライベートに関わらず、ウォーターボトルは常に手が届く範囲にいるバディのような存在です。

人それぞれセンスとこだわりを持ってマイボトルを選んでいるかと思いますが、今回machi-yaに登場した「Therma(サーマ)」は、歴代のバディのどれとも似ていないかもしれません。

シリーズ累計6900万円以上を売り上げた真空サーモボトルのユニークな特性について見ていきましょう。

医療グレードの純チタン、スープやスムージーを入れてもOK

Therma(3)
Image: TITANO

一見変哲のない金属製の水筒である「Therma」の大きな特徴は医療グレードの純チタンを採用していること。でも、そもそも錆びにくいステンレスの代わりにチタンを素材にするメリットは何?と思った方も多いかもしれません。

Therma(1)
Image: TITANO

まず“錆びにくさ”の点でいえば、チタンはステンレスより1枚上手。チタン表面に「不動態皮膜」と呼ばれる薄膜を形成し、ダメージを受けても瞬時に自己修復します。安定した不動態皮膜を持つチタンは、ステンレスの弱点となる塩化物や酸にも強いので、「Therma」には、スポーツドリンクやスープ、フルーツを含むドリンクなんかも入れられます。

また、チタンは金属としての強度が鉄の約2倍、アルミの約3倍とのことで、ちょっとやそっとじゃフォルムが崩れることはなさそうです。

コーヒーやお酒も風味を損ねず味わえる

Therma(8)
Image: TITANO

カップで飲むと美味しいコーヒーも、ボトルに入れると味が変わってしまいますよね。これには、ステンレスで発生する金属臭や臭い残りが関係している可能性があります。ステンレス製ウォーターボトルでは、飲み物の味が落ちる現象を受け入れるしかありませんでしたが、金属臭や臭い残りがないチタンが素材なら話は別です。「Therma」は飲み物の風味を損ねず、繊細な味を楽しむ飲み物にこそ本領を発揮してくれますので、好きなコーヒーやお酒用としても使用できます。

天然の抗菌性でずぼらな運用でも衛生的

@3Therma(1)
Image: TITANO

ウォーターボトルに適したチタンの特性として特に注目したいのは、天然の抗菌性です。飲み物の容器がの衛生状態がいつでも良好なのは理想的。ウォーターボトルの洗い忘れはやらかしがちなため、それでも雑菌の繁殖が防げるとなればチタンを素材に選ぶメリットは大きいと言えます。

前述の無味無臭との特性もあいまって、利用するうちに発生する臭い対策に費やす手間と時間も少なくて済みますし、臭いが落ちないばかりに買い替えを余儀なくされる事態も避けられそうです。

直感に反する軽さが特別感を増幅

Therma(7)
Image: TITANO

チタンといえば、強度からは想像できない軽量性が特徴です。航空宇宙分野でチタンが利用されるのはこのため。ステンレスの約60%の重量は、持ち運び時の負担と気分に差をつけそうです。

また、直感に反する軽さと表面のマット処理による手馴染みの良さは、真空サーモボトルを一層身近で特別な存在に引き上げてくれます。

Therma(2)
Image: TITANO

デザインがミニマムなのが、かえってチタンという高品質素材の持ち味を浮き彫りに。真空サーモボトルがまるでロケットの部品の一部かなにかのように見えてきます。飽きがこずどんな環境にも自然に溶け込んでくれて、使えば使うほどバディへの愛着が増すはずです。

2種類のサイズから生活スタイルに応じたものを

Therma(6)
Image: TITANO

今回は280mlと380mlの2種類のサイズをご用意。280mlは、とっておきのお酒やコーヒーなんかを入れて、丁寧に味わうのにも適したサイズ感。もちろん、小さなペットボトルを持ち歩く感覚で普段の水分補給に活用する手もありです。

Therma(5)
Image: TITANO

よりしっかり水分補給を、というのであれば350ml缶よりも大容量の380mlが選択肢といったところでしょうか。

ところで、チタン製のウォーターボトルがありそうでなかったのは、加工が難しく製造コストが高くなってしまうため。チタン専門ブランドである「TITANO」が生み出すプロダクトは、デメリットを上回るチタンのメリットを提示してくれています。


医療グレードの純チタンでできた真空サーモボトル「Therma」は、現在machi-yaにてプロジェクトを展開中です。執筆時点では、「Therma 280」が【超早割: 約15%OFF】の14,980円(消費税・送料込み)から。

Therma 380」が同じく【超早割: 約15%OFF】の16,980円(消費税・送料込み)から支援可能となっています。一生もののサーモボトルで、いつでもどこでもお好きな飲み物を堪能してみてはいかがでしょう。

プロダクトの魅力をさらに探求したい方は、以下のプロジェクトページをご覧ください。

Image: TITANO

Source: machi-ya

swiper-button-prev
swiper-button-next